正しい色を見るために。その1「照明編」

ながらくPC用のモニタに使っているEIZO S2410Wの買い替えを検討しているのですが、調べている中でモニタとプリントの色合わせについて困っている方が結構居るようなので何度かに分けて書いてみようかと。

アマチュア写真作家にとって必要十分なレベルの内容までで書きます(というかそこまでしか書けません)。業務用途の方は予算とかだいぶ違ってくるので対象外です。

まずは照明編です。プリントを正しい色で見る環境がないと話は始まりません。一般的に正しい色とは日中の太陽光下で鑑賞した時の色を正として扱いますので、制作環境をいかに太陽光下に近づけるかということが課題となります。

課題と言っても正しい色を見るための照明は専用蛍光灯が照明器具各社から安価に販売されているので、そちらを使うのが最善です。これは業務用でも同じ、というか専用蛍光灯自体が業務用。
一般的に色評価用蛍光灯と呼ばれ、メーカーとしては三菱オスラム、東芝、パナソニックから販売されています。ちなみに照明器具は東芝がトップブランドです。ついで三菱オスラム、パナソニック、若干開けてNECなど、という感じでしょうか(主観あり)。

色を見る、という観点で蛍光灯を見るときの指標がいくつかあります。

1つ目は平均演色評価数で、単位はRa(ラー)で表されます。これは太陽光下をRa100としてどの程度色が再現されているかの指標です。色評価用蛍光灯ではRa99を達成しています。
(厳密には幾つかの評価の「平均」なので単純な高い低いでは比較できないのですがRa99であれば、平均であることも気にする必要はないと思います)

2つ目は色温度で、単位はK(ケルビン)で表されます。電球色などの暖色系の明かりは値が低く2500K程度、早朝などの寒色の明かりは値が高く6500K程度と言われています。そして日中の太陽光下は5000K〜5500Kとなります。

つまりRa99で5000Kの色評価用蛍光灯を使えばOKということになります。

と、ここまではググればすぐに出てくる話ですが、色評価蛍光灯にも美術館、博物館などで利用される「紫外線吸収膜付き」のタイプがあります。紫外線を長時間当てると褪色の原因になるためです。個人的には単純に色評価用蛍光灯ではなく「紫外線吸収膜付」色評価用蛍光灯(美術館、博物館用)をおすすめします。値段もほとんど変わらないので。

で、問題は紫外線吸収膜付も通常の色評価用蛍光灯も直管蛍光灯、しかも20Wと40Wしかないことです。
今の御時世、一般的な家庭ではLED照明か、円形蛍光灯、オシャレな家だと電球型だったりもするかもしれませんが、直管蛍光灯が使える方は少ないのではないかと思います。

どうしても色評価用蛍光灯が使いたい方、作品作りをする方はデスクライトで直管のFL20W型を使えるZライトを買いましょう。少し前まではもう1製品あったのですが、今はZライト1択になってしまいました(昔は1万くらいしていましたが、今はAmazonで割引されて7kくらいなのが救いです)。
壊れるようなものでもないし、長く使えるので写真やるなら買ってしまって良いと思います。私もながらく愛用していてデスクが変わってもZライトは引き継いでいます。

もう一つは妥協案ですが、Ra84程度で妥協することです(妥協と言ってもRa80を超えていれば十分かなと思います)。

実は一般的な蛍光灯は三波長蛍光灯と言われるものですが、これらのうち昼白色とかナチュラル色と呼ばれるものは5200〜5400Kくらいで、Ra84あります。仕事として厳密な色合わせをするには支障があるのかもしれませんが、常人が肉眼で見る限りは全く問題ない性能です。
製品としてはパナソニックのパルックプレミア、日立のきらりUVプレミアムゴールド、東芝のメロウZプライド、メロウZロングライフ、三菱のルピカパワープラチナ、NECのライフルックがRa84を公称しています。これらの円形蛍光灯を天井照明に載せ替えればほぼ正しい色で見ることが出来ます。
また、電球型蛍光灯だとパナソニックのパルックボールシリーズ、東芝のネオボールZリアル、NECのコスモボール、三菱オスラムのルピカボールがRa84です。電球型蛍光灯に対応したデスクライトは安く手に入るのでかなりお手軽に導入できると思います。

LEDは昔はRaが非常に低かったのですが、最近は各社演色性を向上させています。上記の三波長蛍光灯のRa84を上回るRa90という製品もあります。

一番は東芝の高演色LEDシーリングライトのキレイ色です。こちらは数年ごとにRaを高めてきていて現行はRa90です。日立のLEC-AHシリーズもRa90ですが、ちょっと高い。
あとはNECのLIFELED’SがRa85、パナソニックのEVERLEDSがRa83、と言った感じです。我が家でもNECのLIFELED’Sをリビングに使っていますが、料理がキレイに見えるのでオススメです。
価格コムでもLEDシーリングライトの詳細検索条件でRaで絞れるので参考になると思います。

作業環境の照明の入れ替えは一番効果が大きいと思います。あと明るさも十分に確保してください。普段はリラックス用に暗めにしていても作業中は明るくしておく必要があります。暗いとホント色が見えてこないです。

その2はプリンタの話の予定です。その3の液晶モニタの話は最近また少し状況が変わってきているようなので調べつつ書いていきます。

ではまた。

近況報告&生存報告。

アートアクアリウム行ってきたよ。
ずいぶん放置してしまっていますが生きています。

職場が変わって撮影する余力がなくなって、会社が変わって撮影する余力がないままで、会社が変わってやっと余力が出てきました。
いやま、時間がいくらあっても足りない生活は変わらないんですけれど。

写真関連の話というとここ数年ほとんど撮っていない状況は変わらないのですが、2014年中にGXRのユニットを買い足しました。28mmユニットにしようかと思ったもののコンデジ的に使いたかったのでS10になりました。
なんかS10発売時のレビューがいまいちだった気がするんですけれど、調べなおして見たら評判いいし使い勝手も悪くない感じでした。

他にはInstagramでせっせとフードテロしてます。料理は一時期よりもよく作るようになったかな。

あとURLは変わっていませんが、5月にブログのサーバ移転を行いました。
SSD搭載のちょっとだけ性能のよいサーバに移ったのと、Webサーバのソフトウェアをapacheからnginxに変えたので、以前よりも更にキビキビと表示できるようになっているかと思います。
ついでにテンプレートも新しいWordpressのデフォルトテーマに置き換えました(ちなみに後日広告入れさせていただきます(小声))。

ちなみにapacheからnginxに変えた影響で3ヶ月ほど以前のURL形式(http://artphoto.moomoo-ya.com/archives/781)が使えなくなっていましたが、昨日修正したのでまた使えるようになっているはずです。ご迷惑をお掛けしました。

で、今後の活動ですがそろそろ気力が回復してきたのでまた創作活動に励もうかと思います。
写真とプログラムと平行になるのでゆるゆるペースだと思いますが。

とりあえずは大学時代に所属していた写真サークルの15周年合同写真集の作品作りを頑張ろうと思います。何やろうかな……。

ちなみに冒頭の写真は先日行ってきたアートアクアリウムの様子です。楽しかったけど人多かった……。

GXR買っちゃいました。

R0027177
GXR, MOUNT A12, CanonLens 28mm/2.8

先日の写真部合宿に参加する前日に迷っていたGXRを買ってしまいました。中古だけどね。
1つ目のユニットはもちろんMOUNT A12です。やっぱりこの価格で気に入っているRFレンズが使えるのは素晴らしい。デジカメなのに寄れないとかRFならではの欠点はあるけれど、普段のRFの感覚のままでJPEG撮って出しの絵も好みに調整できる(←重要)ので重宝しそうです。

世の中のGXRを買うような人の大多数はRAWで撮って現像時に色を調整するんでしょうが、私がデジカメに求めてるものは撮って出しがいかに好みの絵になるかどうかが大きいのでJPEG出力の設定調整ができるのは大きいです。
RAWで色調整が必要になるような撮影は7D持ち出すでしょうし。

やっぱり50年代、60年代の国内レンズのコーティングが大好きです。

画像設定さらしてみます。

彩度/コントラスト/シャープネス
6 / 8 / 2
彩度オレンジ/グリーン/スカイブルー/レッド/マゼンタ
6 / 4 / 4 / 6 / 4
色相
デフォルト

あと、APS-Cなので周辺クロップされる分、周辺光量補正を -1 にして強調してます。

2つ目のユニットはA12 28mmにしようか、GRD IVにしようかと迷ってましたけれど、普通のコンデジとして使うためにまさかのS10 24-72mmにしてしまうかもしれません。ただS10はあまり評判良くないみたいなんですよね……現物いじり倒してくるか。

写真部さくら組OB/OG合宿のライトニングトーク大会に参加してきました。

R0027069
GXR, Mount A12, Canon Lens 28mm/2.8

7/13~7/15に伊豆で行われていた筑波大学写真部さくら組のOB/OG合宿(とはいえ半分くらいは現役生も)に参加してきました。
OB/OG合宿は今回初めて実施されましたが、毎年行っている現役生が企画する合宿とはちょっと違った趣になりました。

合宿の大まかな流れは
1日目:
宿泊地へ移動→チェックイン→晩御飯BBQの買出し→BBQ→LT大会→深夜トーク(早朝まで)
2日目:
各自朝食作って食べる→観光→晩御飯の買出し→晩御飯→LT大会→深夜トーク
3日目:
各自朝食作って食べる→片付け→チェックアウト→途中観光しつつ帰宅

って感じでした。

で、ライトニングトーク(LT)大会でしたが大いに盛り上がりましね。IT界隈では割とよく見かけるプレゼン形式であるLTですが、モノは試しと後輩の発案で写真部でやってみました。
レギュレーションは持ち時間5分、ネタは自己紹介+写真に関することなら何でも、という感じです。

出てきたテーマは

  • 写真と禅
  • 美味しそうな写真の撮り方
  • 高校時代からの自分の写真史
  • 今まで参加したイベントについて
  • 自分のフェチズムについて
  • よく見ている雑誌の紹介
  • 現在の写真活動
  • 星景写真の撮り方
  • サークル創設記
  • 写真作品の作り方
  • などなど

という感じでした。ちなみに私は最後の「写真作品の作り方」でテーマ設定について発表しましたのでスライド張っておきますね。

写真クラスタでももっとLT流行ればいいのに、と思いました。準備もスライド作成2時間くらいと隙間時間のイメージトレーニングくらいでできますし。

撮影機材の揃え方について。

皆さんいつも楽しく頭を悩ませる機材構成のお話です。

まあアマチュアでも長く写真やってると

  • 頼まれて撮影
  • 趣味の撮影
  • 日常の撮影
  • 動画も撮りたいとき
  • 旅行時で機材をコンパクトにしたいとき

みたいな感じでいろいろ理由をこじつけてやむにやまれぬ理由で機材構成を決めて行くと思うのですが、まさに今悩みまっしぐらです。
主に原因は自家現像の気力が萎えてしまっていることなんですけれどね……。

頼まれて撮影
EOS 7D
趣味の作品撮影
大判、RFとかフィルムカメラ
日常の撮影
スマホ
動画
EOS 7D、HDR-AS15(GoPro3黒に置き換え予定)
旅行
Ustream
DCR-PC7、GF1

取り急ぎ悩んでいる部分は★付きのところ。
ちなみに自分の場合、作品として撮るときは構想が先行して撮るものを決めてから撮影に行くので日常撮影と分けてます。
ちなみに好きな焦点距離は28mmと40mm(=CLE信者)。

日常の撮影は「ご飯食べたー」とか「変なもん見つけたー」とかそういうWEBに晒して完結するような写真。昔はRFで撮りためて眺めてニヨニヨしてたり、ここに出してお茶を濁してたりしたんだけれど、最近は公開ライフログ的な使い方になったのでスマホばかり。
おかげさまでここに載せる写真が無くなったw 写真ブログがスマホで撮影した写真で埋まるのもなんだかなぁという葛藤がね。
GF1を使ってたりもしたんだけれど、現代的なレンズが気に入らないというのもあってマウントアダプタでLマウントレンズ付けていたけど画角が変わりすぎて結局あまり使わなくなった。

旅行用の機材はコンパクトなRF持っていけばいいような気もするけれど、一人旅とかならいいんだけれど大勢で合宿的な旅行が多いのでその日撮った写真はその場で見れる方がいい。というか毎回のようにプロジェクタ持ち込んで夜に上映会してるしな。昔GRD持っていた時はそれで良かったんだけれど今はもうない。
EOS7D は重いから旅行では持ち歩きたくないので、最近出そろってきたAPS-Cサイズのコンデジなんかが良いのではないかと。GXRとか安くて素敵。

というわけで、GXRいいなぁと思っている次第。ここまで自分への言い訳。
GXR MOUNT A12に25mmか28mmあたりをつけたものと、A12 28mmかGRD IVのどちらかを持てば大体まかなえる気がする。あとは動画用にポケットにアクションカム入れておけば万全か。この装備なら三脚持って行くとしてもジッツオ1型で十二分だし。

という妄想記事でした。
皆さんの日常カメラと旅行カメラってなんですか?

HDR-AS15をしばらく使ってみて。やっぱり特定用途限定すぎるだろこの商品。

ファームアップで1080p60に対応したHDR-AS15ですが、
なぜ720p60に対応しなかったし!

1080p60に対応したということは記録速度、処理速度的には問題ないはずなのになぜ720p SLOWモードを音声付等速再生データとして吐き出す設定を追加しなかった。
ソニーとパナソニックはAVCHD規格を推進しているメーカーなのでAVCHDに含まれないフォーマットが含まれないのは理解できる(1080p60などは当初規格外だったので少し前のソニーのビデオカメラは上位機でも1080p60は対応していなかった……はず)。だから720pのSSLOWモード(秒間120フレーム)が無音なのはまだ我慢できるけど、720p60はなぜ対応しなかったのか。

という今回のファームウェアアップデートについての文句。というかサイレントモードって大丈夫なのか? いろいろと。

で、次はハウジング。
なんでここまで集音性犠牲にしたの? 標準で水深60m防水なのはすごいけど、そこまで潜る人ってどんだけいるよ? 潜る人でも大抵15~20m程度までしか潜らんだろ普通。訓練してない人なら10m程度がいいところ(つーかいきなり10mも潜ったら水圧で鼻血吹く)。そのくせ水深60mまでの水中用ドアパックを別途オプションで用意してる。もう一つのオプションの水深10m用の集音ドアパックをなぜ標準にしなかった……。
しかもこの交換ドアパックは単品売りはせずに2つセット販売のみとかマジ……。

記録フォーマットと併せてソニーのアクションカムは「その場の音を記録させる気がない」としか思えない。
汎用性が強みのアクションカムで用途を限定しているとかもうね……もうね……。

ウォータープルーフヘッドバンドの傾きの件もあるけど、この辺はスポンジ挟んだりして対応可能なのでまあなんとか。

まとめ:HDR-AS15の特徴ってこんな感じ。

  • 人体への固定は使用者の創意工夫を要する(あれ?アクションカムって……)
  • 動きの速いスポーツなどの動画を撮るときは無音もしくは1080p固定(あれ?アクションカムって……)
  • バイクや自転車、サーフボードなどツールへの固定は問題ない
  • 手ぶれ補正は嬉しい
  • 暗所性能はGoPro Hero3と比べても若干良好らしい
  • 純正アクセサリーでドッグハーネスがあるのはAS15だけ!
  • 純正アクセサリーは全体的にGoProよりもお高いよ!

防水性のない三脚座のついたスケルトンハーネスの発売と、720p60(できれば720p120も)へのアップデート対応を切望します。
上記2点が対応されればかなりいい機種になると思う。

個人的にはNVGマウントかピカティニーレールマウントがあると嬉しいけど、三脚座があればなんとでもなるのでそんなニッチな贅沢は言いません。
しかしマイク性能自体はそんなに悪くないのに音声記録関連(ハウジングと記録フォーマット)のせいでかなりの残念機種になってる。
アクションカムで迷ってるなら(現状なら)迷わず1万追加してGoPro Hero3 Black edition買った方がいいと思います。
スポーツ動画によくある環境音を廃して、BGMを別途差し込むタイプの動画を作りたい人なら音声記録関連の弱点が無視できるのでお勧めできます。
そういう人なら動画の画質や色味も適当に調整できるだろうし。

なんか書いてて買った俺が悪かったような気がしてきた。

サーバの移転とWordPressのチューニング。

GWに以前このブログ(と私が管理している各種サイト)が置かれているレンタルサーバの契約が切れて、最近ずいぶん安くなったVPSを1つ借りて移転を開始しました。

私が管理しているサイトで一番アクセスのあるこのブログは最優先で移転しましたが、ここ数日せっかく移転したのでソーシャルボタンを付けたり、キャッシュ化して表示を高速化したり、アクセス解析組み込んだり、広告の配置を考えなおしたりしていました。秒間30アクセス程度はさばけるようになっているので個人ブログならまあ十分かな、と。

個人メモとして導入しているWordPressプラグインを列挙。

  • Akismet(標準プラグイン、スパム対策)
  • All in one SEO pack(各種SEO対策)
  • New adman(広告挿入)
  • NewStatPress(アクセス解析)
  • Sharebar(ソーシャルボタン(サイド))
  • WP-OGP(Open Graph Protocol対応)
  • WP Social Bookmarking Light(ソーシャルボタン(記事下部))
  • WP Super Cache(キャッシュ化)
  • WPtouch(スマホ対応)

あと、なんだかんだいってアクセスが増える様子が見えるとやる気につながるので、拡散しやすくしたり需要のある記事が何かは興味があります。

で、うちのブログで毎日のように検索される記事が「キャプションボードの作り方。」なんですね。具体的な展示方法については書籍にもほとんどなっていない部分なので需要があるんでしょうか。ちなみに「キャプション」「作り方」でgoogle検索するとトップでヒットします。ついで「サイアノタイプ 調色」とか「ナニワカラー」とかでよくヒットしているようなので、もう少し作例の写真載せたり、各種メソッドを紹介していくような記事を書いていきたいと思います。

というか最近写欲が低下しているのでWEBアップ用のデジカメが欲しいなぁ、と。GXRとかGXRとかGXRとか。

生存報告。

更新が滞って久しいですが生きています。

気が向いたのでブログのデザインテンプレートを変更してみたり、紹介ページを修正してみたり。

紹介ページを更新してて思ったのですが、ここ数年は落ち着いているものの、ずいぶんいろんな機材使ってきたなぁ、と思ったり。ミノルタαシステムで揃えていた時は結構お高いレンズとかも揃えてたんですよね……今からは考えられん。50k以上のレンズとかもう持ってないし。

今は作品撮りほとんど大判カメラと、レンジファインダー。頼まれて撮影するとき用のデジタルEOSって感じですかね。あとはUst用のGF1とか、アクションカムのHDR-AS15とか。

HDR-AS15はファームウェアバージョンアップで少しマシになりましたけど、音声録音が弱いというか録らせる気がない仕様なのでGoPro3に買い替えたいですね……。

あ、ちなみに制作活動の再開はまだ未定ですorz

そういえばいつまでたってもサイト名が(仮)ですね……。

Facebookグループ「古典印画同好会」やってます。

最近facebookに潜っています。
で、情報交換のためにfacebookグループを主宰?しています。

Facebookグループ「古典印画同好会」

「古典」印画にこだわらずオルタナティブプロセス全般いろいろ情報共有しています。
公開設定になっているので適当にご覧ください。

ちなみにゼラチンシルバーについては敬愛するtokyo-photo.netの刈尾さんが主宰している銀塩ウェットプロセス・モノクロ写真がありますので、こちらをおすすめします。

写真部さくら組の学祭写真展2012を見てきましたので、後輩向けの感想。

というわけで古巣の筑波大学の写真サークル「写真部さくら組」の展示を見てきました。
もう卒業して6年以上経っているけれどとりあえず邪険にされていないっぽいので今年も遊びに行ってきた。というわけでざっくり感想を。
サークルOBとしての感想なので甘いところもありますが見逃してください。出来るだけ辛口で書きます。
あと主に後輩向けエントリですが、学生の写真サークルなら参考になる部分があるかもしれません。

続きを読む 写真部さくら組の学祭写真展2012を見てきましたので、後輩向けの感想。