御苗場 in フォトイメージングエキスポ2009の準備。

順調に撮影が進んでいます。明日の撮影で一通り必要な分の撮影は完了。あとはスキャニングとプリント用データの作成です。
プリント用にラボへの予約も行ったのであとは予定通り進めるだけ。
今回今までにないサイズでの展示を行うので予想通りに仕上げられるか若干不安です。でもうまくいけば御苗場出展者中で最大の展示サイズになるかと思います。
頑張って目立ってきます。公募展は目立ったもの勝ち、ということをここ数年で学びました。

にしても過去の御苗場の展示を見ると四切、六切くらいのあまり大きくないサイズの大量の写真で壁を埋め尽くす形式の展示が多いように思えます。
たぶん最初にそういう人が何人かいて、その後出展する人もそういった形式を参考に展示していったからだと思いますが、私の場合は完全真逆なので、そういう意味でも目立てるかも。そもそもすべて4×5で撮影しているのだから最低でも半切くらいにしないと意味がない。

しかし、展示方法に悩む。予定サイズだと額装はサイズ、運搬、予算の関係で不可能だし、木製パネルも運搬が厳しいので避けたい。となると手軽なのはスチロールパネルになるのですが、単純に張るのも芸がないしなぁ……。
前にAHAがやっていたスチロールパネルの黒縁付けをして、木の棒を裏にあてて壁から浮かす方向で考えてみようかと。問題はどうやって壁に固定するかというところ。いつも壁への固定に悩む。

ちなみに出店場所はNo.070です。なんとなく良い番号。でもちょっと奥まった場所なのが残念。でかい写真で出すので後ろに下がれるスペースがあるとよいのだけど。