大判機材いろいろ。

大判機材がメインとなりつつあるのでまとめ。

  • ナガオカ 木製暗箱4×5
  • トヨ ToyoView 4×5 G
  • Fuji Fujinon-W 125mm F5.6 + COPAL(WISTA) プレスシャッター No.0
  • Fuji Fujinon-W(旧) 150mm F5.6 + SEIKO シャッター No.0
  • Schneider Symmer S 210mm F5.6 + COPAL(WISTA) プレスシャッター No.1
  • フィルムホルダー4×5 x 27
  • トヨ クイックロールスライダー + マミヤ RB用ロールホルダ6×7
  • ウィスタ ピントルーペ

あまりに安いので125mm, 210mmも買ってしまったけど、35mm換算で43mmというもっとも好みとする画角の150mmがもっとも使用頻度が高いです。標準レンズの素晴らしさはライカで覚えましたが、やっぱり50mmよりも40mm近辺の方が使いやすいです。
そうなるとミノルタCLE+40mmとか、ペンタックスLimited43mmとかが欲しくなります。あ、シグマDP2も換算41mmでしたっけ。
WISTAのCOPAL OEMのプレスシャッターが使いやすいのだけど、レリーズで使うとちょっと押し込みが深めのレリーズでないとシャッターが切れてくれない……。エアレリーズならうまくいくのだろうか……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です