古典印画法をまとめたサイトを発見。

AlternativePhotography.com
古典印画法(オルタナティブプロセス)の総合サイトのようです。上記リンクは入門記事集のページへのリンクです。
鶏卵紙、アンソタイプ?、アンギロタイプ?、ブロムオイル、カーボン印画、カゼイン顔料プリント?、クリソタイプ?、銅グラビア版、サイアノタイプ、ダゲレオタイプ、ゼラチンシルバーガラス乾板、ガムシルバー、ガム印画、ガムオイル、カリタイプ、リスプリント、ルーメンプリント、オイルプリント、オレオブロム?、プラチナプリント、パラジウムプリント、ポラロイドエマルジョントランスファー、ポラロイドイメージトランスファー、ポリマーグラビア?、レジノタイプ?、ソルトプリント、サティスタプリント?、テンペラプリント?、ヴァンダイク、コロジオン湿版、ティンタイプ、ウッドバリィタイプ、ジアタイプ、といった聞いたことすらない手法まで紹介されています。
しかしレシピは話題に重クロム酸アンモニウムなどの危険な薬品を使ったものも何気なく混ざっているので自己責任にて確認の上、参考にするのが良いかと。
同僚の化学系の院卒者も「クロムはやばいよ」というくらいなので素人は手を出さないのが吉かと。

その点、千葉タイプは安全ですね。クエン酸第二鉄アンモニウムは健康食品に鉄分として含まれている成分だし、オキシドールは消毒液、塩酸も希薄なものを使うので安全です。ゼラチンはゼリーやプリン作りに使いますよね。
むしろ一番危険なのは水彩絵の具ではないかと……。コバルトブルーとかカドミウムイエローとか、結構危ない金属がつかわれてますし(絵の具の包装にも危険表示がある)。絵の具の代わりに書道の墨にすれば、墨は木炭なので安全度は上がるかな?

ガム印画から千葉タイプにシフトしましたが、千葉タイプは論文中にも記述がありますが、ガム印画法よりもカーボン印画法の方が近いようですね。
千葉タイプで墨汁を使って、和紙か竹にプリントすると極めて和風っぽい感じになりそうな予感。ハーネミューレのバンブー(非インクジェット用紙)を使うとよいかも。というか、バンブーを探してもインクジェット用紙しか見つからない。輸入されていないのか?あと、水墨画用紙Sumi-eとか。和紙だと耐水性を付与したものでないと使えないので、水彩用和紙などが良い気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です