OLYMPUS E-P1が気になって仕方ない。

6月15日に発表されると発表された(紛らわしい……)オリンパスのマイクロフォーサーズ機ですが、リーク情報が結構流れています。機種名も噂ではE-P1だとか(PはPENのP?)。
E-P1の流出画像を見る限りだとけっこう良い感じのデザインになりそうな予感。しかも、L/Mマウントのレンズアダプタが使えて、動画も撮れるようになるとか。そして値段もレンズキットで$1000未満だとか、素晴らしい。
一番不安に感じていた使い勝手についても同じマイクロフォーサーズ機のパナソニックGH-1を店頭でいじってきた限りだと光学ファインダーを廃した分を取り返すかのように、微に入り細に入り、ライブビュー可能機であることをフルに生かした作り込みがされていて結構良い感じかと思いました。
背面液晶も92万画素級なのできれいに見えるし、何よりMF操作と同時に拡大表示されることに感動しました。これなら液晶でもMFできそうです。

作品撮り用に使う気はありませんが、いままで35mmカラーフィルムを使っていた領域は置き換えることができそうな感じ。
Mooは

  • 作品街撮り: 35mmモノクロ(主にRF)
  • 作品静物、ポートレート: 中判/大判 の カラー/モノクロ
  • 記念撮影(動物園とか旅行とか): 35mmカラー(コンパクト/RF/SLR)
  • 散歩スナップ: 35mm の カラー/モノクロ(コンパクト/RF) or コンデジ

といった感じなので、記念撮影、散歩スナップの部分を丸ごと置き換えることが期待できます。しかし、そうなると本格的にα-7の出番が……(6月発表のα500/550が頑張ってくれれば、まだ残す気になるのだけど)。

にしても35mmのポートラを在庫しなくてよいなら、$1000(ボディだけなら$800位?)くらい結構簡単に元が取れそうな気がしてくる(ざっくり計算すると400NCを65本現像したら元が取れる。あれ?余裕じゃん)。デジタルビデオカメラにもなるし。
オリンパスなんだから安価に水中ハウジングも出してくれれば、かなり嬉しい感じになりそうです。


正面の写真
側面の写真
情報源はデジカメInfo – オリンパスE-P1の画像(?)がリーク [内容更新]からです。
正面が意外とサイバーな感じだったのが予想外。んー、黒もあるみたいだからそっちの方がいいかな。正面にX接点とか付いていればPENっぽいのに。

OLYMPUS PEN マイクロ一眼 E-P1 ツインレンズキット シルバー E-P1 TKIT-SLV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です