フィルムの調達。

結構切実なネタです。
我が家に冷凍保存してストックされていたKonicaMinolta Centuria 200が残り20本強となってしまいました。
低価格カラーネガの中でも赤が飽和しやすいという欠点を持ちながらも、素直な発色と大人しめの彩度設定で非常に使いやすかったコニミノセンチュリア200ですが、周知の通りすでに絶版。
引き継ぎ販売と思われていたDNPセンチュリアは実はコダックゴールドのOEMだったりで、二度と手に入らないフィルムの1つになっています。

で、困ったのはこのフィルムの後継が見つからないこと。

そもそもISO200のカラーネガ自体がほとんどない(コダックゴールドで少量作られている程度)。ISO200は高速シャッターが1/250sec.や1/500sec.どまりのカメラを使用する身としては非常に使い勝手の良いフィルム。F2.8あたりのそれほど明るくないレンズでも結構室内で撮影できるし、逆に屋外でもシャッタースピードが振り切ることが少ない。
まぁ、ポートラNC160とか使えばいいのですが、さすがに湯水のごとく使うにはちょっと高いフィルムなので……うーむ。やはり、モノクロネガをメインにするしかないのか?

で、現在のモノクロフィルム事情(100ft缶限定w)を調べてみました。


国内で入手できるフィルムはかなり少ないです。

  • Kentmere 100/400 – イギリス製。最近日本に入ってきた
  • Kodak 125PX, 400TX, TMAX100/400 – アメリカ製。定番ですね

たったの6種類。一応ローライとかその他にもあるけど個人輸入した方がはるかに安いので選択肢から除外。そもそもバルクローダ(100ftのフィルムをパトローネに詰める機械)がパトローネ付きAP製の12kしかないというのがイケてない……。

海外写真用品通販で有名な二大ショップを見てみるとけっこうありました。
B&H Photo Video

  • Efke KB25/50/400 – クロアチア製
  • Foma Fomapan Creative200/Action400 – チェコ製
  • Ilford Delta100/400 – イギリス製。貴重なT粒子フィルム
  • Ilford FP-4+ 125/HP-5+ 400 – イギリス製。使ってみたいけど結構高い
  • Ilford Pan F+ 50 – イギリス製。詳しく知らない
  • Ilford XP2 400 – イギリス製。C-41(カラーネガ)現像できるモノクロフィルム
  • Kentmere 100/400 – イギリス製。国内流通始まったけど輸入だと激安
  • Rollei Retro 100/400 – ドイツ製。アグファを買い取ってローライブランドで売っているらしい
  • おまけ:Fuji Pro160S – 日本製。貴重なカラーネガの100ft缶
  • おまけ:Kodak Portra160NC – アメリカ製。同上

Freestyle Photo

  • Arista EDU Ultra 100/200/400 – チェコ製。FomapanのOEMとの噂
  • Arista Premium 100/400 – アメリカ製。125PX, 400TXのOEMとの噂
  • Efke KB25/50/100/400 – FreestyleだとISO100もある様子
  • Foma Fomapan 100/200/400 – FreestyleだとISO200もある様子
  • Ilford Delta100/400, FP-4+, HP-5+, Pan F+ – イルフォードは同様のラインナップ
  • Kentmere 100/400 – ケントメアも同様
  • Legacy Pro 100/400 – 日本製。100はアクロス、400はプレストのOEMとの噂
  • Rollei Pan 25, Retro 100/400 – FreestyleだとPan25の100ftもある様子
  • おまけ:Aristacolor 100 – 数すくないカラーネガの100ft缶。ビックリするくらい安い
  • おまけ:Arista Bulk Loader – AP製のバルクローダ。国内価格の半額
  • おまけ:Legacy Pro Bulk Loader – 安いバルクローダ。$25、素敵

B&Hも安くてよいのですが、Freestyleで扱っている各社からOEMを受けて販売しているプライベートブランドのフィルムが魅力的です。
特にLegacy Proなんかは失われたと思われていたフジフィルムのアクロス、プレストの長尺フィルムを手に入れる希望の星です。私がモノクロを本格開始するときはプレストを使うつもりだったので思い入れがあるのです(販売終了アナウンスによりTri-Xに変更しましたが)。
チェコ、クロアチアといったマイナーメーカーフィルムは画質的には好きなのですが、ロールフィルムでは使いたくないんですよね。カールが激しいのが多くて取扱いが面倒。

送料については5缶以上買えば1缶あたりの送料が$10を切って$6くらいになるので、普段買ってるKodak Tri-XをArista Premium 400に置き換えると800円位安くなります。プレストは国内で売っていたころほど安くないですが、まぁ許容範囲かと。
印画紙やインクジェットペーパーも結構豊富に取り扱っているので、消耗品の購入にはB&Hよりもよいかもしれません。

うーん、テスト次第では35mmはLegacyPro100, 400とPro160Sでフジフィルムユーザに宗旨替えしようかな……(あ、最初に諦めたカラーネガという道が開けた)。
できるだけ日本のフィルムを使いたい、という願望はあるんですよね……フジのカラーネガに慣れるところから始めるか。
4×5のカラーネガもうまくいけばPro160Sにできそうだ。4×5のPortraは高いんだよー。

下の写真は近所でやっていた祭りのやぐら。ズマールのテストを兼ねて撮影。
20090901-日暮里散歩。
Leica DIII, Summar 50mm/2, F2, 1/30sec., 125PX, Xtol(1:3, 24C, 20min.)

うちのズマールは後ピンで、グリスが切れぎみ……DIIIもシャッタースピードが安定していないので、そろそろOHの時期か。いくらかかるんだろうか……おそろしや。

「フィルムの調達。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です