EIZO FlexScan S2410Wのモニタ調整。

というわけで写真仲間のiMacのモニタ調整をしたり別の写真仲間がキャリブレータを購入したりで、カラーマネジメント熱が高まっております。

で、巷で「目潰しパネル」「ムスカパネル」と悪評高い我が家のFlexScan S2410W-Rの調整をしてみました。

  1. デスクライト(Zライト Z-208 B ブラック三菱オスラム ルピカ FL20SS EX-N)でモニタ周りの環境光を5000Kに調整(思いのほか明るく、かなり高い位置にセットしても640cd/m2を確保)
  2. モニタ側で色温度を5000Kに設定
  3. Adobe Gammaで目視のキャリブレーション
  4. デジカメのWBを5000K固定→RAWで画面を撮影して5000KでRAW現像にてカラーバランスを確認(レンズの色転びは無視)
  5. 合わないのでいろいろやってたら、モニタの明るさを45%(約160lx)、色温度設定を5500Kにすると良い感じになった。経年劣化でバックライトの色温度が低下している様子
  6. ScreenManagerでRGBのゲインを追い込んで約5750Kに設定(G1%, B3%で250K分の様子)

これで大体、手元の各種用紙とモニタの白が似た感じになりました。
カラーバランスも見た感じ悪くはなさそう。プリンタとのマッチングはこれから。
おとなしくColorMunkiを買ったほうがよさそうだ。

にしても稼働時間5000時間強、使用期間3年でもバックライトの色温度って結構激しく低下するものなんですね……もしかしたら調整がイケてないだけかもしれないけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です