私的、理想の木製暗箱。

ふと思いついたのでメモ。
作りたいと言っている大判スナップシューターの仕様というわけではなく、普通の木製暗箱として。

  • フィルムホルダ固定部の厚みが薄い
  • 蛇腹は先端のみ袋蛇腹
  • 上部のハンドルは不要。代わりに側部に肩掛け用のストラップ
  • ピントグラスはむき出しにせず、ハードカバーを装着。折りたたみフードでも可
  • あおりはライズ、ティルトが使えればOK。シフト、スイングは無くとも
  • 持ち運びはむき出しで肩掛け

暗箱は折りたたみできてコンパクトと言っても、三脚に次いでかさばるのでカバンに入れるといっぱいいっぱいになってしまうのが悩みの種。まぁ個人的な嗜好で(三脚バッグは別として)バッグを2個持ち歩くのが嫌、というのが障害の一つなわけですが。
で、むき出しで持ち歩ければ「ぶら下げカメラ+バッグ+三脚バッグ」という状態になってバッグにフィルムホルダとレンズなどなどを収納できると。
なんで暗箱ってハンドルばかりで肩掛けのものって無いんだろう……。まあ注文するときに指定すればいいだけなんだけれどさ。

自作スナップシューター暗箱を作成するときには肩掛け&グリップの2way仕様で行きたいと思う所存。さすがにネックストラップは無理だと思うのでショルダーストラップで。

なんだか考えてると自作スナップシューター暗箱の設計イメージが湧いてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です