DTP修行始めました。

個展に向けて写真集の原稿を自分で作らないといけないのと、後輩から「Photo Zineつくりましょうよ!」と言われたのでDTPについて勉強し始めました。
フリーのScribusというDTPツールを教えてもらったので試しに8ページほどの冊子を作ってみた。ScribusでPDF原稿を作って、Adobe Readerで「小冊子の印刷」オプションを使って、プリンタでA4両面にプリントして、ホチキスで中綴じして、三辺をカッターで切り落として完成です。
20100218-初めてのDTP。
注:文章はScribusで用意されていたダミーのテキストです。

いやー、思ったよりもこれは楽しいかも。16ページくらいの冊子なら二晩くらいで作れちゃうかも。チバシステムのプリント入門とか作ったら需要あるかしら。1回分の薬品を内側に張り付けたりして。

今回は普通紙に印刷してましたが、中紙を上質紙にして、表紙にもう少し厚手の紙を用意して付けてやればそれなりに見栄えするかも。
新しい遊びを見つけてしまった気分です。本づくりちょーたのしー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です