ナニワカラーキットSを用いたカラーネガ現像のメモ。

というわけでメモ。

用意するもの:

  • ナニワカラーキットS(印画紙用)
  • 現像タンク
  • ダークバッグ、栓抜き/フィルムピッカーなどフィルム現像に必要なものを適当に

やりかた:

  1. ナニワカラーキットSの発色現像液(半量の500ml分)を作る
  2. 現像タンクにフィルムを装填する
  3. ナニワカラーキットS発色現像液を水で2倍に薄めて30度に調整する
  4. 薄めた発色現像液で5分30秒間、適当に撹拌
  5. 適当に水洗。タンクに水を入れたり出したりを3~4回程度
  6. 大体30度程度にした漂白定着液で5分ほど。漂白定着の温度はてきとうでも大丈夫。
  7. ここまでくればフタを開けても大丈夫
  8. 適当に水洗。流水で15分ほど放置すれば十分かと。水の出し入れ3~4回でもいいはずだけど、ナニワカラーキットSの漂白定着液の処方(硬膜剤の添加があるかどうか)がわからないので念のため流水長時間水洗
  9. ドライウェルにつける
  10. 乾燥

こんな感じで多分出来るはず。

「ナニワカラーキットSを用いたカラーネガ現像のメモ。」への2件のフィードバック

  1. フィルム現像なのに、ナニワカラーキットSを使えるんだ!
    凄い勉強になりました!
    現像駅は2倍薄めたんですが、漂白定着剤はそのまま使って大丈夫?

  2. はい、印画紙用とは現像主薬がCD-3とCD-4という違いがあるはずなのですが、問題なく現像できました。
    2倍量が処理できるのでお得です。

    漂白定着液は処方どおりに作って使用すれば大丈夫です。
    現像液が2倍になった分の消耗も許容範囲内っぽいです(←ここは厳密にテストしていませんのでご確認ください)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です