デザインフェスタvol.33にちょろっと出てきました。

というわけでデザフェス1週間前に急遽穴埋めとして出展することになったので(この段階で死亡フラグ)、1品くらいは新作を作らないとなるまい、と思ってネガ漁りから開始。

未発表ネガで気に入っていたカットがあったのでそれをいつものようにオルタナティブプリントに。
最近はずっとサイアノタイプ+紅茶調色で作っていましたが、御苗場2011の制作時に知ったサイアノタイプ with ゼラチン、というのを試してみようと思って色々考えていたら「ゼラチンサイアノって、絵具入れたらチバシステムじゃないか?」と思ったのでゼラチンサイアノチバシステムでプリントすることに。
ある程度解像感のある絵にしたかったので紙はコットマン細目を使用して、ネガは6×6のネガからトリミングして8×10サイズにした薄めのデジタルネガを作成。
チバシステムで使用した絵具はホルベインHWCのバーントアンバー、サップグリーンを1:1で投入。

デザインフェスタ vol.33出展作。
左側の電信柱に二人の女の子の名前(「なっちゃん」「じゅんちゃん」)が書いてあって、後日「あいりちゃん」が間に割り込んで相合傘を書き足したという図。なんというか言いようのない気持ちになった。

しかし頑張って作ってもデザフェスの中だとブース作りが一番重要なので1/3ブースしか使えない状態では注目度はゼロでした。
やっぱり出す時はゆったり出さないとダメですね。

まとめ:余白は極めて重要な作品の一部。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です