透明アクリル板にサイアノタイプでプリント。

こちらで告知するのをすっかり忘れていましたが、グループ展に参加していました。

実に5年ぶりの展示だったのですが、アクリル板にサイアノタイプ(と少しだけチバシステム)でプリントしたプリントを3枚重ねて額装するという展示を行いました。

グループ展 Step forward 出展作品「昭和の残香」 1st day

作品名を「昭和の残香」とした、戦後のヤミ市を発祥としている商店街の写真です。タイトルが「残光」でも「残り香」でもないのは、表現したいものは「残り香」だけど、表現が光を捉える写真なので「残光」の音と重ねてみました。

単純な空間の奥行き感と、時間の奥行き感を表現したくて「そのまんま(物理的に)奥行き出してしまおう!」ということで、透明アクリルへのプリントと積層を思いつきました。


で、今回の制作メモ。
ちなみに十分に水洗できないとか、乾燥進むとゼラチン被膜が剥離するとか課題も多々あるので、以下処方でうまくいくわけではないですが、一応絵は出ます。

ネガの準備

  • デジタルで作業
  • 近景、中景、遠景を3レイヤに分割
  • デジタルネガフィルム用のフィルムシートにインクジェットプリント
    • QTP使うつもりだったけど、トーンカーブ忘れてたのと参考サイトが閉鎖してたので、Photoshopで適当にトーンカーブ処理してプリント
    • フィルムシートはArista II Inkjet OHP 7mil Transparency Filmを使いました。

印画紙?の準備

  • 透明無色のアクリル板 1mm厚 11×14(大四切)
  • 感光材
    • サイアノタイプ感光薬(古典タイプ) 50ml
    • 2% ゼラチン溶液(粉ゼラチン1g + お湯50ml)
    • 絵具少々(サップグリーン、バーントアンバー)
    • ドライウェル少々 2mlくらい
  1. アクリル板に5mlほどの感光材をアクリルパイプなどを使ってクレープを焼く要領で薄く塗布する
  2. 紫外線が当たらない場所で乾燥させる(ちなみにゼラチンを含むせいで感想には湿度によりますが12時間以上かかると思います)

焼き付け

通常のサイアノタイプと同じ。

自家製の紫外線露光機(紫外線蛍光灯20W 5灯)では8分ほどでした。

現像/水洗

  • 水道水(あればオキシドールを10%程度入れる、なくてもよい)をくぐらせる。
    • 感光材が剥離してしまうので、素早くひとくぐりが限度(ただし水洗不足になる)

で、作成直後は冒頭の写真のように出来上がるのですが、今回の展示会期2週間が経過した後は、水洗不十分により額内の酸素と反応が続いてしまい、こんな感じになってしまいました。

グループ展 Step forward 出展作品「昭和の残香」  2 week later.

でも、アーカイバルの要素(=販売とかも含む)を無視すれば、意図的に水洗不十分にして会期中に変化させることもできそうです。

Facebookグループ「古典印画同好会」やってます。

最近facebookに潜っています。
で、情報交換のためにfacebookグループを主宰?しています。

Facebookグループ「古典印画同好会」

「古典」印画にこだわらずオルタナティブプロセス全般いろいろ情報共有しています。
公開設定になっているので適当にご覧ください。

ちなみにゼラチンシルバーについては敬愛するtokyo-photo.netの刈尾さんが主宰している銀塩ウェットプロセス・モノクロ写真がありますので、こちらをおすすめします。

デザインフェスタvol.33にちょろっと出てきました。

というわけでデザフェス1週間前に急遽穴埋めとして出展することになったので(この段階で死亡フラグ)、1品くらいは新作を作らないとなるまい、と思ってネガ漁りから開始。

未発表ネガで気に入っていたカットがあったのでそれをいつものようにオルタナティブプリントに。
最近はずっとサイアノタイプ+紅茶調色で作っていましたが、御苗場2011の制作時に知ったサイアノタイプ with ゼラチン、というのを試してみようと思って色々考えていたら「ゼラチンサイアノって、絵具入れたらチバシステムじゃないか?」と思ったのでゼラチンサイアノチバシステムでプリントすることに。
ある程度解像感のある絵にしたかったので紙はコットマン細目を使用して、ネガは6×6のネガからトリミングして8×10サイズにした薄めのデジタルネガを作成。
チバシステムで使用した絵具はホルベインHWCのバーントアンバー、サップグリーンを1:1で投入。

デザインフェスタ vol.33出展作。
左側の電信柱に二人の女の子の名前(「なっちゃん」「じゅんちゃん」)が書いてあって、後日「あいりちゃん」が間に割り込んで相合傘を書き足したという図。なんというか言いようのない気持ちになった。

しかし頑張って作ってもデザフェスの中だとブース作りが一番重要なので1/3ブースしか使えない状態では注目度はゼロでした。
やっぱり出す時はゆったり出さないとダメですね。

まとめ:余白は極めて重要な作品の一部。

サイアノタイプ+紅茶調色に精進した。

今回のデザインフェスタ出展のメイン写真はサイアノタイプに紅茶調色を施したプリントでした。
3月の御苗場@CP+でもサイアノ+紅茶調色のプリントだったのですが、漂白浴でのコントロールが難しく、強めに漂白したプリントで、かつムラのある色調になっていました(これはこれで味があって使いでがあるのですが)。
今回はネガの現像具合と漂白浴の薬液濃度を見直して、よりコントロールしやすい手順を整えました。ただし、露光時間が従来の漂白液を前提としていたためか、少々硬調に仕上がってしまうのが残課題です。

というわけでメモ。

  • ネガ現像はPyrocat-MC 24度14分
  • プリント露光時間は40分くらい
  • サイアノ感光液はクエン酸アンモニウム鉄25g+水100mlと赤血塩10g+水100mlを配合
  • 支持体への感光液塗布は露光の直前
  • 4×5での密着プリントなら感光液は1ml程度で十分
  • 現像は水に食酢少々(うちではリンゴ酢を使用)
  • 紅茶は濃いめに出した紅茶に塩を一つまみ(ペットボトル保存で2カ月経過しても使用可能)
  • 漂白浴は炭酸ナトリウム1%溶液(もしかしたら0.2%溶液だったかも)
  • 参考サイト:How to Tone a Cyanotypeリンク切れ
  • 調色前の発色は、デネブは黒に近い濃紺に仕上がり、コットマン細目はやや明るく、黄色がかった色合いとなる

というわけでデザインフェスタ終了後の月と金星。
20100516-月と金星。
GF1, Canon 28mm/2.8, AE

薬品購入失敗。TEAとプロピレングリコール。

ついにPyro染色現像をやるために、ピロカテコールとトリエタノールアミンとプロピレングリコールを発注しにハンズへ。
あいかわらずハンズの店員さんはこんな取り寄せ注文してくる客の対応はする機会がないのかなかなか要領を得ない感じ。それでも丁寧に接客してくれるあたり素晴らしいと思う。北千住ハンズの理化学担当文房具コーナーの店員さん。
しかし、トリエタノールアミンとプロピレングリコールが販売資格者がいないため販売できないとのこと。
「な、なんだってーっ」
ってなもんですが、帰宅して冷静に再調査。
どうやら消防法における危険物に該当する様子。可燃性があり、消火が困難なものとかが該当するらしい。帰宅途中の薬店(十全堂)でも聞いてみたが、取り扱いがあるか調べてはくれたものの販売は出来ないとのこと。

というわけで、近場での入手は諦めて鈴木科学薬品さんに問い合わせることにしました。
鈴木科学薬品株式会社 / 101-0036千代田区神田北乗物町18-1 SKYビル1階 / 03-3258-6961
Webサイトはない様子なので明日にでも電話してみようと思います。

大きな地図で見る

でも逆に言うとクエン酸第二鉄アンモニウムとかピロカテコールは駅前の薬店で買えるということか。
ピロカテコールの方がよっぽど毒性高いはずなのにふっしぎー。

自家調合のコストダウン。

写真用単薬を買い込み始めました。
で、

  • トリエタノールアミン/関東化学/500ml 1,320円
  • アスコルビン酸/関東化学/25g 1,210円
  • ピロカテコール/関東化学/25g 2,200円
  • プロピレングリコール/関東化学/500ml 1,430円
  • 炭酸カリウム → 炭酸ナトリウム(無水炭酸ソーダ)/NNC/500g 330円

を買うと書きましたが、結構お高い(炭酸ナトリウムは安いので購入済み)。
ピロカテコール以外は食品添加物だったり、化粧品添加物だったり、不凍液に使用されていたりするのでもっと安く手に入らないか考えてみた。

アスコルビン酸の安さが際立ちます。250gもあればしばらく買い足す必要なさそうです。というか量は10倍で値段は2割引きってなんという価格差。まぁ、国産ノンブランド品で1kg 2,200円というのもありますが、1kgなんて間違っても使わないからいらない。健康食品として摂取してもよいけれど。
プロピレングリコールはラジエータ用だと着色されていたりするようなので、大量に使うものでもないし、試薬メーカーで買っても良いかもです。
トリエタノールアミンは化粧品に一般的に使われているので安く手に入るかと思いきや意外と出回っていないのか見つけられませんでした。誰か詳しい人情報ください。
というわけでアスコルビン酸は食用を購入しましょう。

  • トリエタノールアミン/関東化学/500ml 1,320円
  • アスコルビン酸/ニチエー株式会社/250g 900円
  • ピロカテコール/関東化学/25g 2,200円
  • プロピレングリコール/関東化学/500ml 1,430円

たまにアクセス統計とか見るのですが。チバタイプ人気?

このサイトは

  • Fomapan
  • ピクトラン
  • チバタイプ(千葉方式、千葉システム、千葉タイプ)

を目当てに来ている方が多い様子。
なんだか1日のユニークアクセスも100~150くらいで安定。

fomapanとピクトランについては前から結構アクセスがあったのですが、チバタイプは最近増えてきた印象です。
認知度上がってきたのかな? の割に他のサイトで見かけません。

というか試薬を取り寄せて自家調合しないといけないのがハードル高いのか。
欲しい方がいるならキット化して頒布しても構わないのだけれど、需要あるのかな。
というか考案者とかに許可得ないとダメなのか? 薬品的には低毒性のものだし特に問題はないと思うのだけれど。

大判と古典印画とPyro染色現像。

ここのところ、「自家調合」「Pyrocat-MC処方」とか言っているのは、フィルムから直接古典印画(最近の手法もあるから正確にはオルタナティブプリントかな)でプリントしたいから、という欲求からです。
去年の春から初冬ごろにかけて取り組んでいたチバタイププリントでは、

  1. 135判、4×5判からフィルムスキャン
  2. デジタルネガ用に編集
  3. デジタルネガをインクジェットプリント
  4. 焼きつけ

という手順を踏んでいましたが、正直デジタルネガ作りが面倒くさい(笑)
というのも今デジタルネガでプリントしているサイズが大四切くらいなもんで、あまりデジタルネガを作る喜びがないという……。半切とか全紙くらいのサイズにするならともかく、それくらいのサイズにするなら4×5で撮ってそのまま焼きつければいいじゃない、と思うわけで。

普通に現像したネガ(うちはXtol 1:4希釈、30分静止現像)だと、コントラストが足りないけれども普通に高コントラストな現像をするのも抵抗あるし……と思っていたところでPyrocat-HD染色現像と出会いました。
古典印画で紫外線焼きつけするときは高コントラストなネガとなって、フィルムスキャンやゼラチンシルバーでのプリント時は普通のネガのように見える。希釈静止現像にも適するという素敵処方!
難点は国内ではP.G.Iでしか取り扱いがなくて、分量も多い(使用液で50L分)ということ。だったらいっそのこと自家調合してしまおうかな、と。自家現像ならPyrocat-HDの改良版のPyrocat-MC処方で作れるし。Pyrocat-MCは自家調合じゃないと入手できないしね。
そうそう、定着液もアルカリ定着液を使わないといけないので国内ではちょっとお高いクリアフィックス1択になってしまいますしね。これも自家調合(TF-3処方)してしまいましょう。もっとも定着液についてはTF-3もクリアフィックスも価格的にはほぼ変わらず、安定性はクリアフィックスの方が上だと思うので自家調合するのは完全に趣味です。

そんなわけでPyrocat-MCをやりたいわけです。
で、本題(やっとかよ)。

4×5の密着焼きでの作品制作が中心となるわけですが、やっぱり小さいよねー、と。
私が取り組んでいるチバタイプ(とたまにサイアノタイプ)はプラチナ、パラジウムなどの貴金属プリントに比べて、絵画的な表現になる(=精細感のない)プリント技法なのであまり小さすぎるのも微妙なんですよね。
サイアノタイプはともかく、チバタイプはかなりザックリした(笑)解像感なので、絵画と同じく「大きなことは良いことだ」的なところがあります。

そこで8×10などのより大きなフォーマットに興味が(笑)
以前大判に手を出す際に長岡製作所にて話を聞かせてもらった時に「大判を始めるなら4×5からがいいけれど、4×5に慣れたら8×10でも大きくなるだけで手間は大差ないよ」と聞いていたので物欲がむくむくと。
タンクも2枚用のJOBO2830なら個人輸入で送料込みで17k程度だし。うーむ……でもフィルムが1カットあたりカラーで1k、モノクロでも500円くらいなのはきっついな……。おとなしく染色現像の4×5で楽しむことにします。
手間が減った分を、カラーフィルターを使用したモノクロ3カットでのカラープリントとかに向けるとしますか。

20100110-札幌散歩。その2。
Olympus TRIP35, Kodak 400TX, Xtol(1:4希釈) 静止現像30分

写真用単薬を買い込み始めました。

ちゃくちゃくと買い込み始めました。
去年買った赤血塩も含めるとこんな感じ。

  • くえん酸第二鉄アンモニウム/関東化学/500g 5,500円
  • フェリシアン化カリウム(赤血塩)/NNC/500g 2,430円
  • 臭化カリウム(ブロムカリ)/NNC/500g 790円
  • 亜硫酸ナトリウム(無水亜硫酸ソーダ)/NNC/500g 290円
  • チオ硫酸アンモニウム(チオ硫酸アンモン)/NNC/500g 710円
  • メタ硼酸ナトリウム(ニワルク)/NNC/50g 336円
  • メトールサン(メトール、モノメチルパラアミノフェノール硫酸塩)/25g 367円

関東化学のものはハンズにて取り寄せ、NNCはビックカメラ、ヨドバシカメラにて店頭購入。

薬品慣れしていないと微妙に呼称が違っていたりすると不安で仕方がない(笑)
「ナトリウム Sodium」=「ソーダ」で良いのか?

いろいろ処方見てたら、あとハイドロキノンとホウ酸買ってくるとD76現像液を自家処方できるらしいけど、ハイドロキノンは毒性高いというし、手を出さないようにする。

あと欲しいのは

  • トリエタノールアミン/関東化学/500ml 1,320円
  • アスコルビン酸/関東化学/25g 1,210円
  • ピロカテコール/関東化学/25g 2,200円
  • プロピレングリコール/関東化学/500ml 1,430円
  • 炭酸カリウム → 炭酸ナトリウム(無水炭酸ソーダ)/NNC/500g 330円

肝心のPyrocat-MC処方の材料は全然手に入っていないという……(泣)

B液用の炭酸カリウムはph調整用だろうから炭酸ナトリウム(NNCでは無水炭酸ソーダ)で代用できないのかな?と思っていたらtokyo photo netの掲示板で情報があった。さすがtokyo photo net、愛してる!!w
200g/L(20%水溶液)で作って、使用時にはA液1mlに対してB液5mlを水で100mlに希釈する配合比で使える様子なので炭酸ナトリウムで行きましょう。こっちの方が安いし。

なんか薬品の処方をよくよく見ていると主薬以外はph調整とか、保存性向上の用途ばかりのようで保存性を無視できるなら主薬のみでも薬品として成立するんじゃないか、と思ったけど昔はメトール単薬現像液とかもあったんだし、当然の話なのかも。

メトール単薬というと、メトール+亜硫酸ナトリウム+炭酸ナトリウムのみのボイトラー高先鋭現像液というのも。粒子溶解が少なくシャープネスが高いらしいので中庸感度以下(ISO100以下?)向けらしいけれど、高感度フィルムで荒れ放題にしたりもできるのかな?
薬品が増えると自家調合沼に落ちそうだ(笑)

それにしても小麦粉やら、薬品やら、我が家に「白い粉」が増えすぎて困る。

参考サイト:
tokyo photo net
http://www.tokyo-photo.net/formula/pyrocat.html
http://www.tokyo-photo.net/formula/tf3.html
http://www.tokyo-photo.net/phpBB2/viewtopic.php?t=117

本当にお世話になっています。ファンです、信者です。
自家現像する人はサイト全体を100回読むべき(笑)

20100110-札幌散歩。その1。
Olympus TRIP35, Kodak 400TX, Xtol(1:4希釈) 静止現像30分

ShINC. PRIZE 2009用のプリントができたー。印画方法の選択について。

というエントリを11/2にアップしようと思っていましたが、力尽きていました。

ShINC.主催の「¥3000円で写真売りましょ!買いましょ!展 The 2nd」に出展した写真がShinc. PRIZE 2009にノミネートされたというのは前に書いた通りなのですが、手元に残っていたプリントが出展した中でどちらかというと今一つな方を残していたので、再出展にあたってすべて刷り直し。
前回の出展時には身につけてなかった多重焼きをチバタイプカラープリントに精進する中で身につけたので、今までの一度焼きでは出せなかった階調が出せるようになりました。

まぁ、二重焼きにするので2倍時間がかかるんですけどね!!

というわけで、8時間ほどかけて5枚をプリントしてました。寝ずに!平日に!!

いままで、最大濃度を高めるために同じ濃さの感光材で二重焼きとかやっていましたが、階調出すためなら濃い液であっさり目(20min.)にシャドウを焼いて、薄い液でじっくり(30min.)焼くとかなり良い感じになった。
多階調印画紙で号数変えて複数回露光するのと感覚的には近いかな。
液の濃さや色で適正露光が変化するらしいことも発見。この辺りはまたまとめます。

で、時間がかかるもののある程度思ったようにプリント出来るようになると、よくある「ゼラチンシルバーかインクジェットか」という議論が滑稽に思えてくる。アート、という意味で考えるのであれば、結局表現に適合したプリント方法かどうか、自分が好きだと思える方法かどうか、という基準しか意味をなさないように感じる。
アートという観点では使用する手法がメジャーな手法であるかどうかを基準にするのは本質的ではない。
メジャーな手法であるかどうかが大事なのは入門者の敷居を低くする、という意味合いくらいしか意義を感じない。

ちなみに
安全な手法かどうか、という基準もアートを追求するのであれば選択基準に含めるのは誤りな気もするが、中途半端に偽善者な私は環境負荷の少ない手法を選んでしまっています。まぁそれも含めて作者意図だ。歴史に残る名作を残せる大家ならちょっとくらいの環境負荷も大目に見てもらえるかもしれないけど、所詮駆け出し数撃つ必要あるのでエコに。といいつつ赤血塩(無脊椎動物には有毒、まぁ低毒性というやつです)は使いますけどね。
個人的な基準としては味噌汁を下水に流したときよりも低毒性であればよいかな、と。

ちなみに今手持ちのカードは

  • インクジェット(顔料、染料)
  • ゼラチンシルバー
  • チバタイプ
  • サイアノタイプ

といったかんじ。