透明アクリル板にサイアノタイプでプリント。

こちらで告知するのをすっかり忘れていましたが、グループ展に参加していました。

実に5年ぶりの展示だったのですが、アクリル板にサイアノタイプ(と少しだけチバシステム)でプリントしたプリントを3枚重ねて額装するという展示を行いました。

グループ展 Step forward 出展作品「昭和の残香」 1st day

作品名を「昭和の残香」とした、戦後のヤミ市を発祥としている商店街の写真です。タイトルが「残光」でも「残り香」でもないのは、表現したいものは「残り香」だけど、表現が光を捉える写真なので「残光」の音と重ねてみました。

単純な空間の奥行き感と、時間の奥行き感を表現したくて「そのまんま(物理的に)奥行き出してしまおう!」ということで、透明アクリルへのプリントと積層を思いつきました。


で、今回の制作メモ。
ちなみに十分に水洗できないとか、乾燥進むとゼラチン被膜が剥離するとか課題も多々あるので、以下処方でうまくいくわけではないですが、一応絵は出ます。

ネガの準備

  • デジタルで作業
  • 近景、中景、遠景を3レイヤに分割
  • デジタルネガフィルム用のフィルムシートにインクジェットプリント
    • QTP使うつもりだったけど、トーンカーブ忘れてたのと参考サイトが閉鎖してたので、Photoshopで適当にトーンカーブ処理してプリント
    • フィルムシートはArista II Inkjet OHP 7mil Transparency Filmを使いました。

印画紙?の準備

  • 透明無色のアクリル板 1mm厚 11×14(大四切)
  • 感光材
    • サイアノタイプ感光薬(古典タイプ) 50ml
    • 2% ゼラチン溶液(粉ゼラチン1g + お湯50ml)
    • 絵具少々(サップグリーン、バーントアンバー)
    • ドライウェル少々 2mlくらい
  1. アクリル板に5mlほどの感光材をアクリルパイプなどを使ってクレープを焼く要領で薄く塗布する
  2. 紫外線が当たらない場所で乾燥させる(ちなみにゼラチンを含むせいで感想には湿度によりますが12時間以上かかると思います)

焼き付け

通常のサイアノタイプと同じ。

自家製の紫外線露光機(紫外線蛍光灯20W 5灯)では8分ほどでした。

現像/水洗

  • 水道水(あればオキシドールを10%程度入れる、なくてもよい)をくぐらせる。
    • 感光材が剥離してしまうので、素早くひとくぐりが限度(ただし水洗不足になる)

で、作成直後は冒頭の写真のように出来上がるのですが、今回の展示会期2週間が経過した後は、水洗不十分により額内の酸素と反応が続いてしまい、こんな感じになってしまいました。

グループ展 Step forward 出展作品「昭和の残香」  2 week later.

でも、アーカイバルの要素(=販売とかも含む)を無視すれば、意図的に水洗不十分にして会期中に変化させることもできそうです。

御苗場 vol.10に参加してきました。

参加してきました。
御苗場vol.10出展の様子。

準備期間に充てるつもりだった1月がほぼ丸ごと出張で大阪にいたので極限までテンパリました(一部では某新作ロボゲーのせいだというけしからん噂も流れていますが、出張のせいですw)。
大阪でも写真は撮れるだろって言うのは甘い話で、準備期間のほとんどは巨大な紫外線露光機の作成に要したのです。

で、まあ2月に入ってからの1週間で準備をしようとしたのですが、平日は毎日日付が変わるころに帰宅する日々なので準備などまともに出来ず……。CP+の準備日と初日に有休をとっていたのですが、ずっと家で準備していました。

二日間の徹夜作業でやっと作品自体が完成。この時点でCP+初日が終了w
CP+二日目は仕事(本職)に行って、帰宅後に朝まで作業するつもりが寝落ち。CP+の三日目終わりごろにやっと会場に搬入が出来ました。

まあこんな感じだったので当然ノミネートも受賞もなく。いや……単に心打てる作品になっていなかっただけなんでしょうけれど。

そんな有様だったのでほとんど会場にいることもなく新たな出会いもほとんど得られない今回の出展でした。
今回の収穫は露光機の完成と過去作品のファイリングが完了したことですかね。
過去作品はポートフォリオとしてもう少し練り直すか、焼直す予定です。

やっぱり日常的に作品作っておかないとダメだなぁ、と思った今回の出展でした。
御苗場の他の写真というかイベント自体についても思うところはあるのですがそれは別エントリで。

デザインフェスタvol.33にちょろっと出てきました。

というわけでデザフェス1週間前に急遽穴埋めとして出展することになったので(この段階で死亡フラグ)、1品くらいは新作を作らないとなるまい、と思ってネガ漁りから開始。

未発表ネガで気に入っていたカットがあったのでそれをいつものようにオルタナティブプリントに。
最近はずっとサイアノタイプ+紅茶調色で作っていましたが、御苗場2011の制作時に知ったサイアノタイプ with ゼラチン、というのを試してみようと思って色々考えていたら「ゼラチンサイアノって、絵具入れたらチバシステムじゃないか?」と思ったのでゼラチンサイアノチバシステムでプリントすることに。
ある程度解像感のある絵にしたかったので紙はコットマン細目を使用して、ネガは6×6のネガからトリミングして8×10サイズにした薄めのデジタルネガを作成。
チバシステムで使用した絵具はホルベインHWCのバーントアンバー、サップグリーンを1:1で投入。

デザインフェスタ vol.33出展作。
左側の電信柱に二人の女の子の名前(「なっちゃん」「じゅんちゃん」)が書いてあって、後日「あいりちゃん」が間に割り込んで相合傘を書き足したという図。なんというか言いようのない気持ちになった。

しかし頑張って作ってもデザフェスの中だとブース作りが一番重要なので1/3ブースしか使えない状態では注目度はゼロでした。
やっぱり出す時はゆったり出さないとダメですね。

まとめ:余白は極めて重要な作品の一部。

御苗場2011 in CP+2011終了ー。

搬入2週間前に急遽出展が決まった御苗場2011でしたが、小さなトラブルはあったものの問題なく完了しました。
ご来場いただいた皆様、制作中いろいろとサポートしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
おかげさまで杉江さん、柴山さんのノミネート作品として紹介されるにいたりました(レビュアの情報はこちら)。
前回は泣かず飛ばずだったのですが、今回はかするところまでは行けました。次回はど真ん中で当たることが出来るように精進したいと思います。

今回の反省:

  • 展示と他に配置するブックは重要、超重要(今回ノミネートどまりだった理由は多分これ)
  • 展示の見せ方はもっと考慮が必要(見せ方の方向性がずれている気がする)
  • プリントサイズをもっと大きくしたい
  • 3日目に名刺が切れた

ブックの重要性というのが今回の最大の課題と思っています。作品が一発屋ではなく、継続的な活動をしていて実力が伴っているか、というところをブックで判断されていたようなレビュアコメントでした。
日々精進ですね。

御苗場 in CP+2011に出展します。

出展する予定はなかったのですが、先に出展を決めていた後輩にのせられて出展することになりました。
テーマも何も考えていないのでこれから必死に考えます。

おそらくは数枚組の組写真になると思います。プリントは手焼きモノクロか手焼きカラーか古典印画になるかな、と。

2011.2.5追記:
やばいです。
プリントが1枚も仕上がっていません。
でも一応マットとフレームの手配は完了。

と、思いきや発注数量を間違えていたので追加できるか問い合わせメールをひとまず投げた。

どうしよう……とりあえず制作すすめるか。
今回もサイアノタイプの紅茶調色で行くことにしました。
ただし今まで4×5からの密着焼きでしたが、今回は35mmからの拡大ネガを作って5×7くらいで焼いています。

拡大ネガに使ったフィルムの販売が終了してしまったっぽくて衝撃を受けていたりします。復活しないのかな……。

【個展情報】鈴木勇写真作品展「心象風景 ~人々の気配~」のご案内。

この記事は開催当日までトップに表示されます。 本個展は無事終了いたしました。

初個展の開催が決定しました。
開催までの準備の様子はこのあたりに書き散らかしていきます。

タイトル(日本語)
鈴木勇 写真作品展「心象風景 ~人々の気配~」
タイトル(英語)
Scenes of my life – in my town life –
場所
Roonee 247 Photography
東京都新宿区四谷4-11 みすずビル1F
会期
2010/07/27(火) ~ 2010/08/01(日)
開館時間
12:00 ~ 19:00(最終日は16:00まで)
展示内容
日常の中の記憶に残らないようななんでもない光景を拾い集めたような……でもちょっと良い感じの写真たち。
といった内容を日光写真(サイアノタイプ、cyanotype)で作った青写真に紅茶で色付けをした絶妙な色合いのプリントで20点ほど展示予定。
その他
展示写真は販売予定です(会期終了後の受け渡し。多分高くても1枚30k以内での販売にします → ギャラリーとの相談の結果1枚2万円にしました)。
展示目録+αで冊子を作ります。25部ほど作る予定。単独販売をするか、プリントのおまけにするかは未定。冊子は制作が遅れて土日に販売予定。プリント購入者先着10名には今回の展示目録としておまけにつけます。


大きな地図で見る

デザインフェスタ vol.31に出展してきました。

というわけで行ってきました、デザインフェスタ。

今回は2日間申し込んだものの、1日目は仕事が入ってしまったせいで1日目は行くことが出来ず。15日土曜の深夜から16日日曜の朝まで突貫作業でプリントを6枚仕上げました。サイアノ5枚とサイアノ+紅茶調色1枚。
ネガ現像のやり方を変えた(Pyrocat-MC 24度12分)ことで露光時間が30分程度で良くなり、紅茶調色の漂白液(炭酸ナトリウム10%)を2%液に希釈して使うことで漂白速度が遅くなり微調整とムラ防止が出来たことでだいぶ好評なプリントが出来るようになった。

結局会場には12時半ごろ到着し半日参加となりました。今回は個展の宣伝のために参加していましたが、半日参加でも名刺を94枚バラまけたのでまずまずの成果です。
にしても同じく参加していた大学の後輩らが非常に好評を得ていたので嫉妬。さすがだなぁ。

基本的に自ブースに常駐する形になったので他ブースは一切見れていません。次回からは出展はせずに他ブースを見て回ろうかと思います。

ご来場いただいた方々誠にありがとうございました。

本日の特に嬉しかったこと。

  • 御苗場で気に行ったと言ってくれていた方がまた来てくれた。彼女さんとも仲良くされているようでなにより。あと、前回のvol.30あたりで見に来てくれた外国人男性がまた来てくれた。うれしい。
  • 夏頃に立ち上げるファッションサイトの撮影担当としてオファー?が来た。メインの写真はプロでやっている方が撮るそうだけれど、イメージ写真として古典印画のプリントイメージが欲しいとのこと。急ぎ気味らしいので間に合うか相談しましょう、とか話をした。
  • 今までの展示でもあったのですが、たまに会話するのも緊張するような美女が現れる。眼福なのですが挙動不審になって困る(笑)

青空写真市場に出展します。

青空写真市場

といってもいきなり明日です。

新作は用意できなさそうですが、インクジェットプリントやら、売りましょ買いましょの売れ残りのチバタイププリントやら、を持っていきます。

あと主催者のノゲさんとUst中継もやる予定。
会場で(といっても空き地ですが)電源確保できていれば、現地からUst中継&写真販売について色々しゃべくります。
会場で電源が確保できなければ終了後に日暮里駅前サイゼあたりでUst中継の予定です。

CP+ エンジョイフォトステージ「写真を売ること/買うこと」実況まとめ。

twitterで現地から実況していたセミナー「写真を売ること/買うこと」のまとめです。

続きを読む CP+ エンジョイフォトステージ「写真を売ること/買うこと」実況まとめ。

CP+御苗場に出展しております。

3/11(木)~3/14(日)に開催されるアジアを代表する写真関係のエキスポCP+の中で行われる『御苗場』に出展しています。
展示ブースは#058。本名での出展となります。

今後の展示予定は

  • 青空写真市場(予定)
  • 3000円で売りましょ買いましょ3rd.(あれば参加)
  • デザインフェスタ(確定、5/15-16)
  • 初個展(夏下旬ごろ予定)

となっています。

どのイベントでも販売もやっていますので、興味を持っていただけたならぜひ。
ちなみにお値段は「CDアルバムを買うようにオリジナルプリントを買える世の中」を目指しているので、お手頃アートとして買える値段で販売しています。基本はオリジナルプリントで5,000円。紙を変えたプリントで1,000円と言った感じです。個展ではギャラリーとの兼ね合いでもっと高くなるかも。
個展では写真集も作ります。乞うご期待!!

で、ブースを見てここにアクセスしてきてくれた方のために作品解説。
続きを読む CP+御苗場に出展しております。