御苗場の準備に行ってきました。

会社を休んでひたすら準備をしていました。
プリントは割とあっさり出来たのですが、キャプションボードの制作に手間どりました。やはり文章を考えるのは難しいです。変にくさい文章は気持ち悪いので書きたくありませんし。最終的には思ったことを思ったように書き連ねました。
それでも元文芸部のはしくれなので、多少は詩的な遊びを入れて書いてみています。まあ見ればすぐにわかる遊びなので微妙っちゃ微妙ですが。

あと発注していた名刺も発送予定日だった今日届きました。Gr@phicさん、すげえよ。
20100310-名刺届いた。
Ricoh GR DIGITAL

結局準備時間ぎりぎりに到着して1時間チョイで準備完了しました。
額装して、壁に釘打ちして展示するのがこんなに楽だとは思いませんでした。今度から手を抜きたいときは釘打ちできるように考えよう。
問題は細目の釘を使ったので額が落ちてきやしないかが心配です。

オルタナティブプリントは自分くらいしかいないだろう、とタカをくくっていたら、ストレートなサイアノプリント(おそらくデジタルネガでのプリント)の人と、プラチナパラジウムプリントの方がいた。
特にサイアノの方はプリント品質が良かった。紙ではなく絵のサイズが大きめ(たしかA4~大4切程度)なのにほとんどムラなく、コントラストも良好に仕上げていてすごいと思った。と思って名刺をもらってきてサイトを見てみると京都でギャラリーを立ち上げた方らしい。利用料も安くてよいなぁ、と思ったら京都でがっかり。

そんなわけで帰り際に会場を2週ほどして撮影してきた企業ブースの映像を。後半にわたしの展示ブースの宣伝が入っています。

Sony DCR-PC7, Kenko CD-06W(ワイコン)

何気に初YouTubeです。

新名刺デザイン中。

今までの名刺が若干子供っぽい感じがしていたので、ちょっとオシャレ感のあるデザインに作り直そうと思い立ち。これから御苗場、デザフェス、個展と夏まで展示続きですしね(間に売りましょ買いましょ展とか、青空写真市場とか入ってきそうだし)。

どういうデザインにしようかと考えて、やっぱり写真や展示のイメージからモチーフを出した方が良いと思い、早速AHA師匠(←写真のダークサイドに叩き落として放り投げた張本人)に相談。
聞いてみたところのイメージはこんな感じ。

  • ブルーグレーとダークセピア
  • 丸よりも四角だけど、シャープではない
  • オシャレ感を出しているはずなのにどことなくかわいい

で、4案出してダメだしもらって、4案中で最も良いものが「オシャレで良い感じだけど、チョコレート屋っぽい。写真家っぽさがない」とのこと。チョコレート食べながらデザインしたことがバレました。恐ろしや、チョコレートフリーク(注:AHAさんはチョコレート狂です)。

で、写真家っぽさと言ったら、やはり愛用のカメラが一番わかりやすいかなぁ、ということで以下が出来上がりました。

20100221_プライベート用名刺案

このデザインで2mm径の角丸名刺にしようと思っています。

印刷はこの間サンプル請求して良さそうだったGr@phicさんにお願いしようと思っています。用紙にもよりますが、だいたい500枚で5kくらい。

現在用紙の選考中。

用紙の候補は

  • アラベールホワイト
  • 高白ラフバガス
  • ケナフ100GA
  • トリパインシルク
  • ハイマッキンレー ディープマット スノー
  • マーメイド スノーホワイト
  • ヴァンヌーボV ホワイト
  • 厚手マットコート

といったところ(Gr@phic – 名刺用紙一覧)。

2,3日眺めて飽きなければ発注したいと思います。
何気に変形名刺、という選択肢も捨てきれずにいたりしますが……うーむ。

ちなみに完成版は実名に置き換わります。一応ブログは実名ブログにしていないので。
個展開催あたりで実名ブログにするかもですが。

ShINC. PRIZE 2009用のプリントができたー。印画方法の選択について。

というエントリを11/2にアップしようと思っていましたが、力尽きていました。

ShINC.主催の「¥3000円で写真売りましょ!買いましょ!展 The 2nd」に出展した写真がShinc. PRIZE 2009にノミネートされたというのは前に書いた通りなのですが、手元に残っていたプリントが出展した中でどちらかというと今一つな方を残していたので、再出展にあたってすべて刷り直し。
前回の出展時には身につけてなかった多重焼きをチバタイプカラープリントに精進する中で身につけたので、今までの一度焼きでは出せなかった階調が出せるようになりました。

まぁ、二重焼きにするので2倍時間がかかるんですけどね!!

というわけで、8時間ほどかけて5枚をプリントしてました。寝ずに!平日に!!

いままで、最大濃度を高めるために同じ濃さの感光材で二重焼きとかやっていましたが、階調出すためなら濃い液であっさり目(20min.)にシャドウを焼いて、薄い液でじっくり(30min.)焼くとかなり良い感じになった。
多階調印画紙で号数変えて複数回露光するのと感覚的には近いかな。
液の濃さや色で適正露光が変化するらしいことも発見。この辺りはまたまとめます。

で、時間がかかるもののある程度思ったようにプリント出来るようになると、よくある「ゼラチンシルバーかインクジェットか」という議論が滑稽に思えてくる。アート、という意味で考えるのであれば、結局表現に適合したプリント方法かどうか、自分が好きだと思える方法かどうか、という基準しか意味をなさないように感じる。
アートという観点では使用する手法がメジャーな手法であるかどうかを基準にするのは本質的ではない。
メジャーな手法であるかどうかが大事なのは入門者の敷居を低くする、という意味合いくらいしか意義を感じない。

ちなみに
安全な手法かどうか、という基準もアートを追求するのであれば選択基準に含めるのは誤りな気もするが、中途半端に偽善者な私は環境負荷の少ない手法を選んでしまっています。まぁそれも含めて作者意図だ。歴史に残る名作を残せる大家ならちょっとくらいの環境負荷も大目に見てもらえるかもしれないけど、所詮駆け出し数撃つ必要あるのでエコに。といいつつ赤血塩(無脊椎動物には有毒、まぁ低毒性というやつです)は使いますけどね。
個人的な基準としては味噌汁を下水に流したときよりも低毒性であればよいかな、と。

ちなみに今手持ちのカードは

  • インクジェット(顔料、染料)
  • ゼラチンシルバー
  • チバタイプ
  • サイアノタイプ

といったかんじ。

ShINC. PRIZE 2009にノミネートされた!!

今月前半に出展していた売りましょ買いましょ展の参加者161人の中から選ばれた22人の中に入ったという連絡を受けました!
そういう催しがあるとは聞いていましたが、出展者の平均クオリティの高さから縁のないものとしてスルーしてましたがノミネートされるとは……。
というか、売上1枚だったのに選ばれてしまって良かったのか?運営委員の方、冷静になってーっ!

とりあえず興奮状態なのでエントリのみアップ。
不安定なPCのシステムディスク交換して冷静になったら加筆修正します。


続き。システムディスク交換前のデータ退避の合間に。

ShINC. Projectが主催している「¥3000円で写真売りましょ買いましょ展 The 2nd」に出展した161名の中から上位3名を投票により決定する「ShINC. PRIZE 2009」にノミネートされました。
運営委員(五味彬さん横木安良夫さんhanaさん岡嶋和幸さん大和田良さん水谷充さんのことと思われる)が選ぶ作家22人の中に入ったようです。
この22人が11/17(火)~11/29(日)の2週間、ギャラリーコスモスにて再度展示されて、来場者による投票によって上位三人が決まるそうです。
で、11/5(木)までに出展した10点を郵送(ただし、同一カットがある場合は1枚でOK)とのこと。インクジェットプリントがメインだったので理解できるレギュレーションなのですが、古典印画で出した身としてはつらい。
全絵柄1枚ずつは残してあります。しかし古典印画だとプリントするたびに微妙に差異が出るのですが、出来の良いものはすべて交換会で置いてきてしまった……。仕方ないので気合を入れて5枚プリントし直すことにしましょう。今ならもっと綺麗に焼けるはず。

でも知り合いがたくさんいる人は「友人票」がたくさん入るのかなぁ、とか思ったり。友人の少ない私は不利そうです。もっとも友人らには「自分の気に入ったものに入れてください」と言いますが。作品に対しては馴れ合いなんて気持ち悪いだけ、人間関係的には必要かもしれないけどさ。

にしても個展ではありませんが、ちょっとした目標だった「自分で金を払わずに展示する」という目標は予想外に早く達成できてしまいました。非常に嬉しいし、作者略歴には乗り続けることでしょう。
あ、ShINC. PRIZE 2009展は出展費、額装費すべて主催者持ちのようなのです。素晴らしい。

デザインフェスタvol.30終了しました。

見に来てくださった方々、お買い上げいただいた方々、まことにありがとうございます。

初めてここにアクセスしたかのためにFlickrへのリンクを。
→Go to My Flickr page.

では今回の感想などをつらつらと。
続きを読む デザインフェスタvol.30終了しました。

2009年の筑波大学学祭にこっそり出展してます。

大人げなく学生時代に所属していた写真サークルで出展しています。
といっても、PIE2009で発表してデザインフェスタで再作成した「雨ニモ」をそのまま展示。
あと、カメラ日和主催のPHOTOFES2008で作成した定点観察の写真集を展示。

ちなみに、来年夏に計画している初個展でも内容は定点観察シリーズの予定です。

3000円で売りましょ買いましょ展 THE 2ndに出してます。

売りましょ買いましょ展THE 2nd
にこっそり出していたので、オープニングパーティに行ってきました。

前回も出展していたのですが、オープニングパーティは人が多すぎて疲れました。来ている人たちは若干内輪な感じがして、暑くてゆっくり見ていられなかったので30分ほどぐるぐるして帰宅。

今日~10/18(日)で目黒のギャラリーコスモスでやってます。
有名写真家のプリントも3000円で販売されているので興味のある方はぜひ。
国内でもトップレベルのインクジェットプリントが見れたりするので、とても勉強になります。

2009年秋以降の出展情報。

来月からの予定です。

  • 10/10-12:写真部さくら組の展示に乱入予定@筑波大学文化祭
  • 10/06-18:3000円で売りましょ買いましょ展@ギャラリーコスモス
  • 10/24-25:デザインフェスタvol.30出展@東京ビッグサイト
  • 来年5月ごろ:デザインフェスタvol.31出展予定@東京ビッグサイト
  • 来年6月ごろ:初個展開催予定@四谷roonee(予)

といった感じで考えています。
目下、売りましょ買いましょ展の締め切りに間に合うよう制作中。チバシステムで行くつもりです。

今年のデザインフェスタはC-0441(一応、角地)になりました。何で出すかはまだ未定なのですが何か考えます。
正攻法はたぶん避けると思う。

デザインフェスタ行ってきました。

組写真2点の評判は上々でした。
同じ場所(フレーミングも同一)で撮り続けた写真を組にして展示したのは比較的新鮮だった様子。世界中探すと結構やっている写真家さんは多いけど、そこは自分の身近なところというか、自分の色が出るところで。

にしても毎度毎度感じますが、興味を持ってくれる人は外国人の方が多いですね。いい加減英語をしゃべれるようにならないとまずいかしら。
うちの写真を見に来てくれる人の傾向は割と固定していて

  • 外国の方 33%
  • 超美人なお姉さん 33%
  • 写真やってる青年 17%
  • ナイスなミドル 17%

という感じです。
「写真やってるとモテるよ」とあちこちでホラふいているのですが、あながち嘘というわけでもないかも……。

筑波大学写真部さくら組の後輩も見に来てくれて、今後の参考&次回出展につながればよいなぁ、と。

売上については聞かない方向で。いい加減販売する場を変えた方がいいかなぁ。
お世辞込みかとも思うけど「ここで展示しているのがもったいないほどクオリティが高い」とかありがたいコメントもちらほらといただけていたし。

展示の引き合いや、展示場所の紹介もいただけました。
額縁屋さんのJAM Framing Srv.さんブログはこちら)の店長さん?から声をかけていただきました。ブログを見てみたらなにやらオシャレ額縁屋さんの様子。ひとまず問い合わせしなければ。
あと、白金台のProspect hair designさんのご常連さんから「店長(オーナー?)が好きそうな感じだから問い合わせてみては?」というお声が。サイトを見てみるとギャラリー兼ヘアサロンとのことでなかなか敷居が高そうな雰囲気。玉砕覚悟で問い合わせてみようかと思います。
最大の障壁は1テーマで統一して20とか30とかの数の写真を用意できていないこと。最近1枚あたりにかける時間がどんどん増えているせいもあって数が少ないですがもっとどんどん撮らなければ……。

デザインフェスタvol.29に出ます。

まったく告知などしていませんでしたが、今日明日に開催されるDESIGN FESTA vol.29に参加してきます。
ブース番号はC-0435です。

御苗場@PIE2009で出店した『雨ニモ』のブラッシュアップ版と、雑誌『カメラ日和』主催の移動写真図書館に出展した初写真集『定点観測 fixed-point observation』から『Shinjuku – 2』の2点の組写真をメインで展示します。

展示用プリントを最優先で作成していますので、購入予定の方は日曜に来ていただけるとありがたかったりします。
そんなわけで準備に戻ります。