透明アクリル板にサイアノタイプでプリント。

こちらで告知するのをすっかり忘れていましたが、グループ展に参加していました。

実に5年ぶりの展示だったのですが、アクリル板にサイアノタイプ(と少しだけチバシステム)でプリントしたプリントを3枚重ねて額装するという展示を行いました。

グループ展 Step forward 出展作品「昭和の残香」 1st day

作品名を「昭和の残香」とした、戦後のヤミ市を発祥としている商店街の写真です。タイトルが「残光」でも「残り香」でもないのは、表現したいものは「残り香」だけど、表現が光を捉える写真なので「残光」の音と重ねてみました。

単純な空間の奥行き感と、時間の奥行き感を表現したくて「そのまんま(物理的に)奥行き出してしまおう!」ということで、透明アクリルへのプリントと積層を思いつきました。


で、今回の制作メモ。
ちなみに十分に水洗できないとか、乾燥進むとゼラチン被膜が剥離するとか課題も多々あるので、以下処方でうまくいくわけではないですが、一応絵は出ます。

ネガの準備

  • デジタルで作業
  • 近景、中景、遠景を3レイヤに分割
  • デジタルネガフィルム用のフィルムシートにインクジェットプリント
    • QTP使うつもりだったけど、トーンカーブ忘れてたのと参考サイトが閉鎖してたので、Photoshopで適当にトーンカーブ処理してプリント
    • フィルムシートはArista II Inkjet OHP 7mil Transparency Filmを使いました。

印画紙?の準備

  • 透明無色のアクリル板 1mm厚 11×14(大四切)
  • 感光材
    • サイアノタイプ感光薬(古典タイプ) 50ml
    • 2% ゼラチン溶液(粉ゼラチン1g + お湯50ml)
    • 絵具少々(サップグリーン、バーントアンバー)
    • ドライウェル少々 2mlくらい
  1. アクリル板に5mlほどの感光材をアクリルパイプなどを使ってクレープを焼く要領で薄く塗布する
  2. 紫外線が当たらない場所で乾燥させる(ちなみにゼラチンを含むせいで感想には湿度によりますが12時間以上かかると思います)

焼き付け

通常のサイアノタイプと同じ。

自家製の紫外線露光機(紫外線蛍光灯20W 5灯)では8分ほどでした。

現像/水洗

  • 水道水(あればオキシドールを10%程度入れる、なくてもよい)をくぐらせる。
    • 感光材が剥離してしまうので、素早くひとくぐりが限度(ただし水洗不足になる)

で、作成直後は冒頭の写真のように出来上がるのですが、今回の展示会期2週間が経過した後は、水洗不十分により額内の酸素と反応が続いてしまい、こんな感じになってしまいました。

グループ展 Step forward 出展作品「昭和の残香」  2 week later.

でも、アーカイバルの要素(=販売とかも含む)を無視すれば、意図的に水洗不十分にして会期中に変化させることもできそうです。

正しい色を見るために。その1「照明編」

ながらくPC用のモニタに使っているEIZO S2410Wの買い替えを検討しているのですが、調べている中でモニタとプリントの色合わせについて困っている方が結構居るようなので何度かに分けて書いてみようかと。

アマチュア写真作家にとって必要十分なレベルの内容までで書きます(というかそこまでしか書けません)。業務用途の方は予算とかだいぶ違ってくるので対象外です。

まずは照明編です。プリントを正しい色で見る環境がないと話は始まりません。一般的に正しい色とは日中の太陽光下で鑑賞した時の色を正として扱いますので、制作環境をいかに太陽光下に近づけるかということが課題となります。

課題と言っても正しい色を見るための照明は専用蛍光灯が照明器具各社から安価に販売されているので、そちらを使うのが最善です。これは業務用でも同じ、というか専用蛍光灯自体が業務用。
一般的に色評価用蛍光灯と呼ばれ、メーカーとしては三菱オスラム、東芝、パナソニックから販売されています。ちなみに照明器具は東芝がトップブランドです。ついで三菱オスラム、パナソニック、若干開けてNECなど、という感じでしょうか(主観あり)。

色を見る、という観点で蛍光灯を見るときの指標がいくつかあります。

1つ目は平均演色評価数で、単位はRa(ラー)で表されます。これは太陽光下をRa100としてどの程度色が再現されているかの指標です。色評価用蛍光灯ではRa99を達成しています。
(厳密には幾つかの評価の「平均」なので単純な高い低いでは比較できないのですがRa99であれば、平均であることも気にする必要はないと思います)

2つ目は色温度で、単位はK(ケルビン)で表されます。電球色などの暖色系の明かりは値が低く2500K程度、早朝などの寒色の明かりは値が高く6500K程度と言われています。そして日中の太陽光下は5000K〜5500Kとなります。

つまりRa99で5000Kの色評価用蛍光灯を使えばOKということになります。

と、ここまではググればすぐに出てくる話ですが、色評価蛍光灯にも美術館、博物館などで利用される「紫外線吸収膜付き」のタイプがあります。紫外線を長時間当てると褪色の原因になるためです。個人的には単純に色評価用蛍光灯ではなく「紫外線吸収膜付」色評価用蛍光灯(美術館、博物館用)をおすすめします。値段もほとんど変わらないので。

で、問題は紫外線吸収膜付も通常の色評価用蛍光灯も直管蛍光灯、しかも20Wと40Wしかないことです。
今の御時世、一般的な家庭ではLED照明か、円形蛍光灯、オシャレな家だと電球型だったりもするかもしれませんが、直管蛍光灯が使える方は少ないのではないかと思います。

どうしても色評価用蛍光灯が使いたい方、作品作りをする方はデスクライトで直管のFL20W型を使えるZライトを買いましょう。少し前まではもう1製品あったのですが、今はZライト1択になってしまいました(昔は1万くらいしていましたが、今はAmazonで割引されて7kくらいなのが救いです)。
壊れるようなものでもないし、長く使えるので写真やるなら買ってしまって良いと思います。私もながらく愛用していてデスクが変わってもZライトは引き継いでいます。

もう一つは妥協案ですが、Ra84程度で妥協することです(妥協と言ってもRa80を超えていれば十分かなと思います)。

実は一般的な蛍光灯は三波長蛍光灯と言われるものですが、これらのうち昼白色とかナチュラル色と呼ばれるものは5200〜5400Kくらいで、Ra84あります。仕事として厳密な色合わせをするには支障があるのかもしれませんが、常人が肉眼で見る限りは全く問題ない性能です。
製品としてはパナソニックのパルックプレミア、日立のきらりUVプレミアムゴールド、東芝のメロウZプライド、メロウZロングライフ、三菱のルピカパワープラチナ、NECのライフルックがRa84を公称しています。これらの円形蛍光灯を天井照明に載せ替えればほぼ正しい色で見ることが出来ます。
また、電球型蛍光灯だとパナソニックのパルックボールシリーズ、東芝のネオボールZリアル、NECのコスモボール、三菱オスラムのルピカボールがRa84です。電球型蛍光灯に対応したデスクライトは安く手に入るのでかなりお手軽に導入できると思います。

LEDは昔はRaが非常に低かったのですが、最近は各社演色性を向上させています。上記の三波長蛍光灯のRa84を上回るRa90という製品もあります。

一番は東芝の高演色LEDシーリングライトのキレイ色です。こちらは数年ごとにRaを高めてきていて現行はRa90です。日立のLEC-AHシリーズもRa90ですが、ちょっと高い。
あとはNECのLIFELED’SがRa85、パナソニックのEVERLEDSがRa83、と言った感じです。我が家でもNECのLIFELED’Sをリビングに使っていますが、料理がキレイに見えるのでオススメです。
価格コムでもLEDシーリングライトの詳細検索条件でRaで絞れるので参考になると思います。

作業環境の照明の入れ替えは一番効果が大きいと思います。あと明るさも十分に確保してください。普段はリラックス用に暗めにしていても作業中は明るくしておく必要があります。暗いとホント色が見えてこないです。

その2はプリンタの話の予定です。その3の液晶モニタの話は最近また少し状況が変わってきているようなので調べつつ書いていきます。

ではまた。

デザインフェスタvol.33にちょろっと出てきました。

というわけでデザフェス1週間前に急遽穴埋めとして出展することになったので(この段階で死亡フラグ)、1品くらいは新作を作らないとなるまい、と思ってネガ漁りから開始。

未発表ネガで気に入っていたカットがあったのでそれをいつものようにオルタナティブプリントに。
最近はずっとサイアノタイプ+紅茶調色で作っていましたが、御苗場2011の制作時に知ったサイアノタイプ with ゼラチン、というのを試してみようと思って色々考えていたら「ゼラチンサイアノって、絵具入れたらチバシステムじゃないか?」と思ったのでゼラチンサイアノチバシステムでプリントすることに。
ある程度解像感のある絵にしたかったので紙はコットマン細目を使用して、ネガは6×6のネガからトリミングして8×10サイズにした薄めのデジタルネガを作成。
チバシステムで使用した絵具はホルベインHWCのバーントアンバー、サップグリーンを1:1で投入。

デザインフェスタ vol.33出展作。
左側の電信柱に二人の女の子の名前(「なっちゃん」「じゅんちゃん」)が書いてあって、後日「あいりちゃん」が間に割り込んで相合傘を書き足したという図。なんというか言いようのない気持ちになった。

しかし頑張って作ってもデザフェスの中だとブース作りが一番重要なので1/3ブースしか使えない状態では注目度はゼロでした。
やっぱり出す時はゆったり出さないとダメですね。

まとめ:余白は極めて重要な作品の一部。

キャプションボードの作り方。

作品出展時に必須といっても過言ではないキャプションボードの作り方を自分用にメモ。

作品として出品する以上、何かしらのタイトルを付けるわけですがその時に作品の横にちまっと張り付けられるキャプションボード。
展示を見に行ったりすると、たまにキャプションボードが紙の切れ端とかに適当に書いて張ってあったりすると萎えます。
逆にここをしっかり作るだけで「作品感」がかなり高まると思っています。作品自体の本質的な価値ではないですが、作者が自分の作品にどれだけ気合を入れているかがこういう作品周辺のもので案外見えるんじゃないかなと思います(このあたりは今まで出展してきて色々失敗しました)。
続きを読む キャプションボードの作り方。

御苗場 in CP+2011に出展します。

出展する予定はなかったのですが、先に出展を決めていた後輩にのせられて出展することになりました。
テーマも何も考えていないのでこれから必死に考えます。

おそらくは数枚組の組写真になると思います。プリントは手焼きモノクロか手焼きカラーか古典印画になるかな、と。

2011.2.5追記:
やばいです。
プリントが1枚も仕上がっていません。
でも一応マットとフレームの手配は完了。

と、思いきや発注数量を間違えていたので追加できるか問い合わせメールをひとまず投げた。

どうしよう……とりあえず制作すすめるか。
今回もサイアノタイプの紅茶調色で行くことにしました。
ただし今まで4×5からの密着焼きでしたが、今回は35mmからの拡大ネガを作って5×7くらいで焼いています。

拡大ネガに使ったフィルムの販売が終了してしまったっぽくて衝撃を受けていたりします。復活しないのかな……。

サイアノタイプ+紅茶調色に精進した。

今回のデザインフェスタ出展のメイン写真はサイアノタイプに紅茶調色を施したプリントでした。
3月の御苗場@CP+でもサイアノ+紅茶調色のプリントだったのですが、漂白浴でのコントロールが難しく、強めに漂白したプリントで、かつムラのある色調になっていました(これはこれで味があって使いでがあるのですが)。
今回はネガの現像具合と漂白浴の薬液濃度を見直して、よりコントロールしやすい手順を整えました。ただし、露光時間が従来の漂白液を前提としていたためか、少々硬調に仕上がってしまうのが残課題です。

というわけでメモ。

  • ネガ現像はPyrocat-MC 24度14分
  • プリント露光時間は40分くらい
  • サイアノ感光液はクエン酸アンモニウム鉄25g+水100mlと赤血塩10g+水100mlを配合
  • 支持体への感光液塗布は露光の直前
  • 4×5での密着プリントなら感光液は1ml程度で十分
  • 現像は水に食酢少々(うちではリンゴ酢を使用)
  • 紅茶は濃いめに出した紅茶に塩を一つまみ(ペットボトル保存で2カ月経過しても使用可能)
  • 漂白浴は炭酸ナトリウム1%溶液(もしかしたら0.2%溶液だったかも)
  • 参考サイト:How to Tone a Cyanotypeリンク切れ
  • 調色前の発色は、デネブは黒に近い濃紺に仕上がり、コットマン細目はやや明るく、黄色がかった色合いとなる

というわけでデザインフェスタ終了後の月と金星。
20100516-月と金星。
GF1, Canon 28mm/2.8, AE

CP+ エンジョイフォトステージ「写真を売ること/買うこと」実況まとめ。

twitterで現地から実況していたセミナー「写真を売ること/買うこと」のまとめです。

続きを読む CP+ エンジョイフォトステージ「写真を売ること/買うこと」実況まとめ。

CP+御苗場に出展しております。

3/11(木)~3/14(日)に開催されるアジアを代表する写真関係のエキスポCP+の中で行われる『御苗場』に出展しています。
展示ブースは#058。本名での出展となります。

今後の展示予定は

  • 青空写真市場(予定)
  • 3000円で売りましょ買いましょ3rd.(あれば参加)
  • デザインフェスタ(確定、5/15-16)
  • 初個展(夏下旬ごろ予定)

となっています。

どのイベントでも販売もやっていますので、興味を持っていただけたならぜひ。
ちなみにお値段は「CDアルバムを買うようにオリジナルプリントを買える世の中」を目指しているので、お手頃アートとして買える値段で販売しています。基本はオリジナルプリントで5,000円。紙を変えたプリントで1,000円と言った感じです。個展ではギャラリーとの兼ね合いでもっと高くなるかも。
個展では写真集も作ります。乞うご期待!!

で、ブースを見てここにアクセスしてきてくれた方のために作品解説。
続きを読む CP+御苗場に出展しております。

DTP修行始めました。

個展に向けて写真集の原稿を自分で作らないといけないのと、後輩から「Photo Zineつくりましょうよ!」と言われたのでDTPについて勉強し始めました。
フリーのScribusというDTPツールを教えてもらったので試しに8ページほどの冊子を作ってみた。ScribusでPDF原稿を作って、Adobe Readerで「小冊子の印刷」オプションを使って、プリンタでA4両面にプリントして、ホチキスで中綴じして、三辺をカッターで切り落として完成です。
20100218-初めてのDTP。
注:文章はScribusで用意されていたダミーのテキストです。

いやー、思ったよりもこれは楽しいかも。16ページくらいの冊子なら二晩くらいで作れちゃうかも。チバシステムのプリント入門とか作ったら需要あるかしら。1回分の薬品を内側に張り付けたりして。

今回は普通紙に印刷してましたが、中紙を上質紙にして、表紙にもう少し厚手の紙を用意して付けてやればそれなりに見栄えするかも。
新しい遊びを見つけてしまった気分です。本づくりちょーたのしー。

自費出版って意外と現実的な話なのかな。

写真家は個展をやって、写真集を出してなんぼ。みたいな話をちらほら聞きますが、個展は200k程度から出来るものの写真集は出版社に見染められればともかく、自費出版なら1Mは超えるし販売も大変……というイメージだったのですが、よくよく調べてみると20部で50k、100部で130k程度からでも作れる様子。

一応作りたい冊子のイメージはある程度ありまして。

  • ソフトカバー(並製本)
  • 当然全ページカラーで出来るだけ高画質が望ましいが、写真集なので単価を下げることを優先
  • 紙は適度に厚手が良い
  • サイズは最低210 x 210mm程度。出来れば長辺260mm程度
  • ページ数は20~30ページ程度
  • ISBNコードを取得してAmazonで流通

といった要件です。

まずは1部から作りたい場合。

ここならソフトカバーの並製本260 x 260mmで30ページ10k弱。40ページでも11k。
210 x 210mmなら30ページで8kほど。
オリジナルプリントをつけて10部限定15~20kとかが限度かな。印刷の品質は以前に小さな写真集を作った時に十分満足できる品質だったので問題なし。
でも10部程度なら手製本でも良いかもしれない……。前に製本ワークショップに行って教えてもらったことがあるけれど、丁寧にやれば意外と手製本でも見栄えする写真集が作れるというのはわかっているし。

10冊分のISBNがセットで17k。
書店に流通させるためにはISBNとJANコードが必要だけれど、Amazonのe託本サービスならISBNコードだけ印刷されていれば流通させられる。
自費出版の写真集なら各種展示とAmazonで販売できれば十分かな、と。店頭に置かれたらそれはそれで感動ですが競争きつそう。

ある程度売れる見込みが立つのであれば、100部以上のオフセットをお願いした方が単価が下がる。だいたい原稿周りのことをすべて自分でやれば安いところなら300kちょい程度でなんとか。
出来れば1,000部刷れると単価が一気に下がって売りやすい価格(それこそ1部1,500円程度でも十分単価ベースでは元が取れる)になる。でも費用としては800kくらい必要になるのでさすがに試しに作るというわけにはいかない。在庫の管理も大変だし。

とはいえ、アマチュアの写真集が1,000部も売れるとは思えないので1部ずつ作って受注生産が現実的かな。最初は手売りだけにすればISBNもいらないし。
初個展の時には手製本かMyBook ART-SCで1, 2部並べる程度になるかな。
とにかく個展ごとに目録的な写真集を作りたいと思う今日この頃。

20100202-由比ヶ浜。
Minolta CLE, Canon 28mm/2.8(L), 125PX, Xtol(1+4) 24度 20分 静止現像