GXR買っちゃいました。

R0027177
GXR, MOUNT A12, CanonLens 28mm/2.8

先日の写真部合宿に参加する前日に迷っていたGXRを買ってしまいました。中古だけどね。
1つ目のユニットはもちろんMOUNT A12です。やっぱりこの価格で気に入っているRFレンズが使えるのは素晴らしい。デジカメなのに寄れないとかRFならではの欠点はあるけれど、普段のRFの感覚のままでJPEG撮って出しの絵も好みに調整できる(←重要)ので重宝しそうです。

世の中のGXRを買うような人の大多数はRAWで撮って現像時に色を調整するんでしょうが、私がデジカメに求めてるものは撮って出しがいかに好みの絵になるかどうかが大きいのでJPEG出力の設定調整ができるのは大きいです。
RAWで色調整が必要になるような撮影は7D持ち出すでしょうし。

やっぱり50年代、60年代の国内レンズのコーティングが大好きです。

画像設定さらしてみます。

彩度/コントラスト/シャープネス
6 / 8 / 2
彩度オレンジ/グリーン/スカイブルー/レッド/マゼンタ
6 / 4 / 4 / 6 / 4
色相
デフォルト

あと、APS-Cなので周辺クロップされる分、周辺光量補正を -1 にして強調してます。

2つ目のユニットはA12 28mmにしようか、GRD IVにしようかと迷ってましたけれど、普通のコンデジとして使うためにまさかのS10 24-72mmにしてしまうかもしれません。ただS10はあまり評判良くないみたいなんですよね……現物いじり倒してくるか。

撮影機材の揃え方について。

皆さんいつも楽しく頭を悩ませる機材構成のお話です。

まあアマチュアでも長く写真やってると

  • 頼まれて撮影
  • 趣味の撮影
  • 日常の撮影
  • 動画も撮りたいとき
  • 旅行時で機材をコンパクトにしたいとき

みたいな感じでいろいろ理由をこじつけてやむにやまれぬ理由で機材構成を決めて行くと思うのですが、まさに今悩みまっしぐらです。
主に原因は自家現像の気力が萎えてしまっていることなんですけれどね……。

頼まれて撮影
EOS 7D
趣味の作品撮影
大判、RFとかフィルムカメラ
日常の撮影
スマホ
動画
EOS 7D、HDR-AS15(GoPro3黒に置き換え予定)
旅行
Ustream
DCR-PC7、GF1

取り急ぎ悩んでいる部分は★付きのところ。
ちなみに自分の場合、作品として撮るときは構想が先行して撮るものを決めてから撮影に行くので日常撮影と分けてます。
ちなみに好きな焦点距離は28mmと40mm(=CLE信者)。

日常の撮影は「ご飯食べたー」とか「変なもん見つけたー」とかそういうWEBに晒して完結するような写真。昔はRFで撮りためて眺めてニヨニヨしてたり、ここに出してお茶を濁してたりしたんだけれど、最近は公開ライフログ的な使い方になったのでスマホばかり。
おかげさまでここに載せる写真が無くなったw 写真ブログがスマホで撮影した写真で埋まるのもなんだかなぁという葛藤がね。
GF1を使ってたりもしたんだけれど、現代的なレンズが気に入らないというのもあってマウントアダプタでLマウントレンズ付けていたけど画角が変わりすぎて結局あまり使わなくなった。

旅行用の機材はコンパクトなRF持っていけばいいような気もするけれど、一人旅とかならいいんだけれど大勢で合宿的な旅行が多いのでその日撮った写真はその場で見れる方がいい。というか毎回のようにプロジェクタ持ち込んで夜に上映会してるしな。昔GRD持っていた時はそれで良かったんだけれど今はもうない。
EOS7D は重いから旅行では持ち歩きたくないので、最近出そろってきたAPS-Cサイズのコンデジなんかが良いのではないかと。GXRとか安くて素敵。

というわけで、GXRいいなぁと思っている次第。ここまで自分への言い訳。
GXR MOUNT A12に25mmか28mmあたりをつけたものと、A12 28mmかGRD IVのどちらかを持てば大体まかなえる気がする。あとは動画用にポケットにアクションカム入れておけば万全か。この装備なら三脚持って行くとしてもジッツオ1型で十二分だし。

という妄想記事でした。
皆さんの日常カメラと旅行カメラってなんですか?

HDR-AS15をしばらく使ってみて。やっぱり特定用途限定すぎるだろこの商品。

ファームアップで1080p60に対応したHDR-AS15ですが、
なぜ720p60に対応しなかったし!

1080p60に対応したということは記録速度、処理速度的には問題ないはずなのになぜ720p SLOWモードを音声付等速再生データとして吐き出す設定を追加しなかった。
ソニーとパナソニックはAVCHD規格を推進しているメーカーなのでAVCHDに含まれないフォーマットが含まれないのは理解できる(1080p60などは当初規格外だったので少し前のソニーのビデオカメラは上位機でも1080p60は対応していなかった……はず)。だから720pのSSLOWモード(秒間120フレーム)が無音なのはまだ我慢できるけど、720p60はなぜ対応しなかったのか。

という今回のファームウェアアップデートについての文句。というかサイレントモードって大丈夫なのか? いろいろと。

で、次はハウジング。
なんでここまで集音性犠牲にしたの? 標準で水深60m防水なのはすごいけど、そこまで潜る人ってどんだけいるよ? 潜る人でも大抵15~20m程度までしか潜らんだろ普通。訓練してない人なら10m程度がいいところ(つーかいきなり10mも潜ったら水圧で鼻血吹く)。そのくせ水深60mまでの水中用ドアパックを別途オプションで用意してる。もう一つのオプションの水深10m用の集音ドアパックをなぜ標準にしなかった……。
しかもこの交換ドアパックは単品売りはせずに2つセット販売のみとかマジ……。

記録フォーマットと併せてソニーのアクションカムは「その場の音を記録させる気がない」としか思えない。
汎用性が強みのアクションカムで用途を限定しているとかもうね……もうね……。

ウォータープルーフヘッドバンドの傾きの件もあるけど、この辺はスポンジ挟んだりして対応可能なのでまあなんとか。

まとめ:HDR-AS15の特徴ってこんな感じ。

  • 人体への固定は使用者の創意工夫を要する(あれ?アクションカムって……)
  • 動きの速いスポーツなどの動画を撮るときは無音もしくは1080p固定(あれ?アクションカムって……)
  • バイクや自転車、サーフボードなどツールへの固定は問題ない
  • 手ぶれ補正は嬉しい
  • 暗所性能はGoPro Hero3と比べても若干良好らしい
  • 純正アクセサリーでドッグハーネスがあるのはAS15だけ!
  • 純正アクセサリーは全体的にGoProよりもお高いよ!

防水性のない三脚座のついたスケルトンハーネスの発売と、720p60(できれば720p120も)へのアップデート対応を切望します。
上記2点が対応されればかなりいい機種になると思う。

個人的にはNVGマウントかピカティニーレールマウントがあると嬉しいけど、三脚座があればなんとでもなるのでそんなニッチな贅沢は言いません。
しかしマイク性能自体はそんなに悪くないのに音声記録関連(ハウジングと記録フォーマット)のせいでかなりの残念機種になってる。
アクションカムで迷ってるなら(現状なら)迷わず1万追加してGoPro Hero3 Black edition買った方がいいと思います。
スポーツ動画によくある環境音を廃して、BGMを別途差し込むタイプの動画を作りたい人なら音声記録関連の弱点が無視できるのでお勧めできます。
そういう人なら動画の画質や色味も適当に調整できるだろうし。

なんか書いてて買った俺が悪かったような気がしてきた。

EOS DIGITAL。

– Canon EOS 7D
– Tamron SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF] (B005)
– Tamron SP AF 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005)
– Canon 430EX II
– 7D用予備バッテリ
– Transcend TS16GCF600 (600倍速CF16GB) x 2
– RODE VIDEOMIC


2012.06.27
そうこのデジタル全盛の世の中にあってなお「大判……いいよ」「センササイズが云々とか言ってるやつはULFイケ」「フルサイズってなんだよ、135判からして小型じゃねーか」とか時代錯誤なことばかり言っていた私の家にまず絶対来ないだろうと思っていたEOS DIGITALが来ました。

6月頭に大学時代の先輩の結婚祝いの撮影があったのでそこに合わせて2012年5月末に購入。
わかっちゃいましたがよく働いてくれました。ほとんど頭使うことなくバシャバシャと。下手に今までの経験から操作するよりもある程度オートに任せて撮ってた方が打率がいいかも。

ただし事前に調整必須です。室内で近接中心にAFのテストしていたのですが、B005がかなり後ピン傾向。結局7Dのレンズ別AF調整で11目盛りもずらしてちょうど良い感じになりました。
あと、7D自体のAFセンサの位置も若干ファインダーで見えているポイントから下にずれている様子。たぶん個体差の調整範囲内だと思うので近々サービスセンター持ち込まないと。上記の結婚祝いでは間に合わなかったので脳内補正で乗り切りました。
レンズの方もタムロンのサービスセンターで調整依頼しないとな。ネットで調べた限りだとピントが来ていても若干甘めな写りも個別調整かけるとかなりカリッと改善されるらしいので期待。デジタル撮影はシャープな絵を求められることが多いですから……。

2012.7.31
RODE VIDEOMICを安く譲ってもらったので追記。
でも7D本体が貸出中なので試せてない。

2012.8.19
7Dも帰ってきてファームウェアも2.0にしてVIDEOMIC付けて遊んでるけれどやっぱりホワイトノイズが乗る。単体PCMレコーダーを用意して本体は環境音録音に留めるべきなのかな……。

2013.4.27
毎年お手伝いしに行っているオーケストラの定期演奏会撮影用に望遠ズームを調達しました。
70-200/2.8(A009)もいいなぁ、と思ったけれどお値段3倍だし、コンサートホールならそこまで明るさいらないし、ということで予定通りA005を中古購入。
望遠ズームは使用頻度低いからレンタルしようかとも思ったけれど、ちょうど中古で手ごろな値段だったのでえいやっと、買ってしまいました。
これで依頼撮影用の機材システムは完成ということで、デジタルEOSへの投資は打ち止め。

大判機材。

大判機材がメインとなりつつあるのでまとめ。

  • ナガオカ 木製暗箱4×5
  • トヨ ToyoView 4×5 G
  • Nikon Nikkor SW 120mm F8 + COPAL(WISTA) プレスシャッター No.0
  • Fuji Fujinon 135mm F5.6 + COPAL(WISTA) プレスシャッター No.0
  • Fuji Fujinon 150mm F5.6 + SEIKO シャッター No.0
  • Schneider Symmer S 210mm F5.6 + COPAL(WISTA) プレスシャッター No.1
  • トヨ クイックロールスライダー + マミヤ RB用ロールホルダ6×7
  • ウィスタ ピントルーペ
  • 自作スライドプロジェクトランプユニット

WISTAのCOPAL OEMのプレスシャッターが使いやすいのだけど、レリーズで使うとちょっと押し込みが深めのレリーズでないとシャッターが切れてくれない……。

相反則不軌計算機作りました!!

というわけで先日作るよ!って言った通りに作りました。

Reciprocity Calcurator – 相反則不軌計算機
http://reciprocalc.appspot.com/

とりあえず、自分で使うフィルムだけ設定しています。

インスタントフィルム

  • FP-100C

リバーサル/ネガフィルム

  • RAP F
  • RVP50
  • RDPIII

ISO100で設定した露出秒数(秒単位、正数)を入力します。
出力結果はインスタントフィルムの値と、ネガ/リバーサルの値が同時に出力されるようになっています。
出力は大抵の携帯で問題なく動くように作っています。動かなかったらコメント欄にいただければ対応可能であれば対応します(期待はしないでください)。

大判(中判も?)を使って夜間撮影している人には非常に便利なツールだと思いますのでぜひご利用ください。

私的、理想の木製暗箱。

ふと思いついたのでメモ。
作りたいと言っている大判スナップシューターの仕様というわけではなく、普通の木製暗箱として。

  • フィルムホルダ固定部の厚みが薄い
  • 蛇腹は先端のみ袋蛇腹
  • 上部のハンドルは不要。代わりに側部に肩掛け用のストラップ
  • ピントグラスはむき出しにせず、ハードカバーを装着。折りたたみフードでも可
  • あおりはライズ、ティルトが使えればOK。シフト、スイングは無くとも
  • 持ち運びはむき出しで肩掛け

暗箱は折りたたみできてコンパクトと言っても、三脚に次いでかさばるのでカバンに入れるといっぱいいっぱいになってしまうのが悩みの種。まぁ個人的な嗜好で(三脚バッグは別として)バッグを2個持ち歩くのが嫌、というのが障害の一つなわけですが。
で、むき出しで持ち歩ければ「ぶら下げカメラ+バッグ+三脚バッグ」という状態になってバッグにフィルムホルダとレンズなどなどを収納できると。
なんで暗箱ってハンドルばかりで肩掛けのものって無いんだろう……。まあ注文するときに指定すればいいだけなんだけれどさ。

自作スナップシューター暗箱を作成するときには肩掛け&グリップの2way仕様で行きたいと思う所存。さすがにネックストラップは無理だと思うのでショルダーストラップで。

なんだか考えてると自作スナップシューター暗箱の設計イメージが湧いてきた。

久しぶりに4×5散歩 in おばあちゃんの原宿。

4×5スライドプロジェクタが出来上がったので、4×5リバーサルで撮影しに行ってみた。あとついでにモノクロでも1枚。

で、帰宅してモノクロを現像したのですが定着後に中を見て驚愕。

「俺、やっちまったなー!!TT」

片面に未現像撮影済みのフィルムがすでに入っているフィルムホルダの空き面に未撮影フィルムを追加して持っていったのですが、撮影済みのマークを間違えていて、同じ面に露光してしまいました。
結果、素抜けのネガと二重露光のネガが出来ましたとさ。悲し過ぎる……まあ、実験写真とネタ写真だったので、そこまでショックはないのですが。

というか、フィルムホルダの手持ちが少ないわけじゃないんだから、新しいフィルムホルダを使用するべきでした。二度とフィルムの入っているホルダを使いまわしたりしません。ダメ、絶対!

でも一緒に持っていったリバーサル(RAP F)もホルダの1つで同じような状況で持って行ったので非常に心配です。
後悔先に立たず……。

20100117-失敗作。
Nagaoka 4×5, (Fuji Photo Optical Fujinon-W 150mm/5.6) & (Fuji Photo Optical Fujinon-W 125mm/5.6), (F??, ??sec.) & (F11, 2sec.), Fomapan classic 100, Xtol(1:1希釈) 7min. 30sec.
失敗は悲しいね。

創作欲求が燃え上がりそうです。作品ではなくカメラの話ですが。

先日4×5スライドプロジェクタ兼引き伸ばしバックが出来たわけですが、もっと気楽に4×5を使いたいなぁ、と新たな欲求が。
よくよく考えたら木製暗箱なんて箱にフィルムホルダを入れる場所と、レンズを付ける場所があって、蛇腹でピント調整するだけのシンプルな構成。しかも機能制限すれば極めて単純コンパクトなスナップ機が作れる気がしてきた。

必要な要件を書き出してみる。

  • レンズ、シャッターユニットは既存のものを使う。さすがにここは自作できない
  • フィルムは4×5フィルムホルダのみで良い。120が使いたければおとなしく中判カメラを使います
  • ピント位置は固定で良い。大体3m固定くらいで良いかな、と。調整できればよいけれど目測で十分
  • 使うレンズは90mmか125mm専用で良い。広角好きだし、ピント固定だし、広角で良いかな、と。本当は150mmが使いたい
  • グリップは欲しい
  • ファインダーはいらない。画角がわかってれば目測で十分
  • 露出計……なにそれ食べれる?
  • 重量1kg以内! 重くても1.4kg(Mamiya 645 + 80mm + ウエストレベル)程度。
  • 耐久性は問わない。壊れたら直す

ちょうどよい木の箱を買ってくれば5000円もあれば作れそうな気がしてきた。

20100115-日暮里散歩。その1。
Minolta CLE, Canon 28mm/2.8, AE, Xtol(1:4希釈) 静止現像30分
現像時に定着不足に気付いていなかった……再定着しないと。

4×5自作スライドプロジェクタひとまず完成!

4×5木製暗箱でスライドプロジェクタ製作案。
にて作り始めた自作の4×5用スライドプロジェクタが(いちおう)完成しました。
光源は180Wハロゲン、レンズシートとトレペで拡散して、プラ板併用のマグネットシート製フィルムホルダに入れたフィルムを通して、ジンマーS 210mm/f5.6の絞り開放で照射しています。
一応光源がそれなりに発熱するので光源とフィルムの間には色々はさんでいます。
ハロゲン→レンズシート→トレペ→透明アクリル→プラ板→フィルム保護袋→フィルム、といった感じ。

実はまだ未完成(冷却ファンの配線とファンからの光漏れ対策)なので連続稼働は10分程度までですが、なかなか良い感じです。
シャープネスはそれほどでもないのですが、大判ならではの圧倒的情報量によるリアリティが半端なかったです。
光源がもっと明るければ「そこにある存在感」という感じを目指せそうです。簡単に扱える光源としてはあとは300W電球型蛍光灯なのでそちらで試してみます。

ちなみにプロジェクタになるということは、そのまま引き伸ばし機にもなるはずです。その場合は多階調印画紙への対応を考えるとハロゲンよりも普通の電球の方が良いのかな、と思っています。
ハロゲンはミラーのおかげで光量を確保できているのですが、画面全体がムラなくというにはまだまだ程遠い状態なのです。引き伸ばしなら光量もそれほどいらないので光が分散しやすい光源を選んだ方が結果も良さそうです。

もっとも4×5を引き伸ばして焼けるような大きな印画紙はストックしていないのですが。最低でも11×14くらいは必要かな……。
ともあれひとまず報告でした。

というか、4×5リバーサルなんてほとんど使ってないから映すものがない(笑)

20100114-自作4x5スライドプロジェクタ。
Ricoh GR Digital, F2.4, 8sec., ISO64