チェコ製フィルムFomapan Action 400とXTOL。

実は初めて使ったモノクロフィルムがFomapan Action 400という、ちょいマニアックなフィルムでした。
今までなんとなく一般的なフィルム(PRESTOとかTri-Xとか)と同じ処方で大丈夫だろ、と適当に現像していましたが、初めてFomapanのテクニカルシートを見たところ、TX400と同じ処方で行けそうな感じでした。
いつものXTOL(1:1希釈、24度)でやっても問題ありませんでした。もっともTX400と同様にちょっと現像不足な感じがするので現像時間を少し伸ばしてみようと思います。
結構適当でいけるもんだね。