α900買うのか?

またもやα900ネタです。

カタログスペック見てて気づいたのですけど、α900(850g)ってα-9(945g)よりも軽いんですね。α-9Ti(825g)と同じ重さ。
で、買うかどうかですがモノとしては十分に安いとは思う。高解像度化とデュアルBIONZが無理しすぎているような状況になっていないかが心配ではありますが、まぁミノルタ時代の技術者がいる限りそんな心配は杞憂でしょう(にしてもデュアルBIONZがこのタイミングで来るということは当初からマルチエンジン化を想定して開発してきたということか……ソニー恐るべし)。

となると問題は操作フィーリング。
操作フィーリングはグリップ付のシャッターフィーリングと各種ボタンの押しこみフィーリング。グリップについては銀塩α時代に比べて握りやすそうな形になっているので少し期待。

値段はなぁ……安いんだろうけど。フルサイズ、フルサイズとは言うけれど、フィルムなら500円のジャンクカメラだってフルサイズですからねぇ……。それこそレンズテストとか、金にならない依頼撮影くらいでしか用途が見つけられない……。
そもそもの問題が用途ですよね。画質が欲しければマミヤ645使うし、スナップはライカDIIIだし、携帯用はGRDだし、α900を買って現在あるα-7のポジションと置き換えとなっても、α-7自体が超広角、マクロ、望遠、旅行撮影と若干特殊な撮影にしか使っていないので出動回数を確保できなさそう……。欲しいけど使わない機材は買えないっす。
すべての撮影を一眼レフで済ませている人は買いだと思いますが、スナップメインでカメラを使い分けている人間にしてみればデジ一眼は手を出しづらいですね。
これだけの額を出すならサンスターf043 1台2灯セット(370k)とか、サンスターMONOSTAR X4 Carbon(130k) x 2とかの方がよっぽど欲しかったりします。

発表後たくさんのブログに記事が上がっていますが、「むやみに高画素化競争をあおるスペックはどうよ?」みたいな論調は観点が甘いと思うんですよね。
α700の12MPixelの次が24MPixelなのは、あくまでハイアマ機であるα900がインクジェットプリンタでのプリントを意識しているだけでしょう。スペック競争したいから高画素なのではなく、A3でプリントする画素数が24MPixelだった、それだけのことです(まぁスペック上の宣伝効果も意識はしているでしょうが)。実際にプリントして展示することを考えたら違和感無い数字です。
ただ、エントリクラスのα200, 300, 350は宣伝効果重視かな、とは思いますけど。

あと、ライブビューがないこととか。EVFの時もですが、ライブビューで落胆しているのって初心者の人なのかな? 個人的にはボディでのライブビューなんてどうでもよくて、Remote Camera Controlでインテリジェントプレビューができないことがやや残念。インテリジェントプレビューは背面LCDよりもPCで使えてこそ光る機能だと思います。ライブビューが欲しければα350を買えばいいじゃない、と思うわけで。
でも、ライブビューが進化して中判一眼のウエストレベルファインダー機みたいなのがエントリクラスで出たらちょっと楽しそうかも。ライブビューっていうかWL-EVFになるんだろうけどさ。要はハッセル風の入門デジ一眼。画面は1:1もしくは4:3画面、Sonyのビデオカメラ技術を投入して動画撮影もビデオカメラ並みに……やばい、欲しいかも。


エントリをアップして気がつきましたが、家庭でのインクジェットプリントを前提に~、という話をしているところで思ったのですが、現行で写真用プリンタというとエプソンのPX-5600、キヤノンのPro9500, Pro9000といったところですが、そういえばソニーってR-D1に画像素子の提供してましたよね。
というとフルサイズ素子を使ったR-D2の香りがしたりしなかったり……いや、ないか。
ソニー デジタル一眼レフα(ボディ単体)ブラック DSLRA900

α900発表されましたね。

八月に予想エントリを書きましたが、ことごとく外れましたね(笑)
値段は予想よりも70kも安く330kだし、同時発表のレンズの大口径ズームもF3.5じゃなくてF2.8で来た。しかももう一本は70-400mm/F4-5.6G SSMだと!? PIE2008でなかったし、この間70-300mm/F4.5-5.6G SSM出したばっかりなのに!!出す順番間違えてる気がする……。まぁ1月発売だから、それまでの間に1, 2本出しそうだけど。

とまぁ、レンズについては欲しいものは出なかったのでボディの話。
まずは24MPixel。何気にうれしい画素数です。360dpiでA3ピッタリ。余白が取りたければA3ノビでプリントすれば拡大縮小せずに程よい余白を確保できます。個人的な好みの寸法でプリントすると少し縮小することになりそうだけど。
あと、手ぶれ補正を4段分謳ってくるとは思わなかった。撮像素子が大きくなった分、効果が減るだろうと思っていたのに……。α700後継あたりに技術流用して5段分補正とか言いながら出しかねないな。
あとはα-9を超えるファインダー性能と言っている部分は期待大です。つか、α-7でも明るいと思っているのに、α-7より良いα-9をさらに超えているとは……フォクトレンダーファインダークオリティか? でも明るすぎて使いにくいかも。どうせ買っても即M型に入れ替えるだろうけどさ。
にしてもファイルサイズがでかいね。CF1GBだとフィルム1本分強しか撮れないとは……恐ろしい時代だ。まぁ4GB x 2とかになるんだろうけど、Ducati Edition2枚でも18kか……安くなったもんだ。

そんなわけで以下、皮算用。

α900
300k
縦位置グリップ
35k
予備バッテリ
8k
M型スクリーン
5k
ストラップ
6k
下取りキャンペーン
-20k
Ducati Edition 4GB
9k x 2
溜めてある商品券
-10k
溜めてあるポイント
-10k

合計368k……Monostar X4一式を合わせたら518kか……まだ買えね。いや、フラッグシップなんてCanonですら24か月周期だから12か月ローンという手も……。

写真集、感想つらつらと。

頼んでいた写真集が届きました。

一通り見た感じ、

  1. 妄撮
  2. ちんかめ 1997-2007 BEST
  3. smart girls vol.10

って感じかなぁ。smart girlsの絶版本はプレミアついたりもするんだけど、撮り下ろし以外はちょっと男視点過ぎて求めているものと違ってた。
ちんかめは単純にきれいな女の子の写真が見たいならオススメ。とはいえ、モデルがグラビアアイドルだったり、AV女優だったりスタイルが商売道具な人ばかりなので「普通の女の子を撮る参考にはしづらい」とはAHAの談。
で、個人的にとても狙いどころが良いなぁ、と思ったのが妄撮。これよいよ。
露出度的にはヌードはなく、普通に下着モデルくらいの取り方なんだけど、表紙のイメージがそのままひたすらに続いていく。わかりやすいエロとかそういうのじゃなくて、ひたすら妄想全開。この本の作者とは仲良くなれそうだと思った(笑)
そんなに高くもないしお勧めです。アパレルメーカーともタイアップしているらしく(つか元々ファッション誌の1コーナー)、下着カタログ的、オトコ攻略的にも良さげなので、女の子にもお勧めです。とか言ってみる。