ライカL/Mマウント。

  • Leica DIII
  • Minolta CLE
  • Voigtlander Color Skopar 21mm F4
  • Canon CanonLens 25mm F3.5
  • Canon CanonLens 28mm F2.8
  • Voigtlander Color Skopar 35mm F2.5
  • Canon Serenar 50mm F1.8
  • Leitz Elmar 50mm F3.5(Nickel)
  • Leitz Summar 50mm F2
  • Leitz Elmar 50mm F3.5(Coated)
  • Minolta M-Rokkor 90mm F4
  • Canon CanonLens 100mm F3.5

2009.06.30
着々と増殖を始めてしまいました。これがいわゆるライカウィルスか。
でも、ライカというかキャノンウィルスになっている気がする。
にしてもキャノンLマウントの初期のクローム鏡胴のシリーズは極めて好みの描写をするくせに、(本気レンズとしては)お手頃価格なのが危険です。ついつい増やしてしまう……。
しかし、50mmを増やし過ぎ……少し処分せねば。
ちなみに一番のお気に入りレンズはCanonLens 28mm F2.8です。何も工夫せずに奥行きのある道端を撮るだけで好みの画を捉えてくれます。素敵過ぎる。
到着待ちの25mmもネット上で作例を見る限りかなり好みな感じなので期待期待。


2011.07.11
ずいぶん前(2010年初頭ごろ)にVoigtlanderのレンズとCanonの望遠100mmを手放していました。Voigtlanderは写りが現代的すぎること、CanonはRFで望遠はあまり使わなかったことと、ちょっと長すぎたのであまり使わなかったので処分しました。
21mmの画角自体は結構気に入っていて、何枚か展示用のカットも撮っていたりしたのでまた別のレンズで探すことになると思います(彩度の低いレンズというとアベノンSW21mmあたりかな?)。
で、それからしばらく経って35mmのフィルムSLRも手放して手軽に使える中望遠がなくなってしまったので安くなっていたM-Rokkorを入手しました。
これでCLEを中心にして旅行用セットが組めそうです(理想は40mmも追加したい)。


2012.10.05
うっかりコーティングエルマー買っちゃいました。レッドスケールになる直前の1951年製です。
以前の持っていたニッケルエルマーはヤフオクで入手したこともあって無限が微妙でなんだか好みじゃない写りだったのですが、今回は店頭でM9使って試写させてもらったり距離計連動チェックもさせてもらったので安心して使えそう。
最近中古のライカレンズが某国に買い漁られて相場が高騰していますが、新入荷品で見つけて以前並みの価格で満足できるコンディションのものを手に入れることが出来ました。

後輩貸し出し用カメラ。

筑波大学写真部さくら組で2009年夏合宿に行く際に後輩に貸し出すカメラを一覧します。
なにげにこっそり増えています(最近は気になっていたフィルムコンパクトが捨て値で手に入るのでついつい……)。

1. オリンパスTRIP35
20090629-オリンパスTRIP35。
1968年発売。レンズは40mm/F2.8。
たぶんフィルムコンパクトで一番好きな機種。ヤフオクだと3000円以内で手に入るくせにものすごくよく映る。一昔前の(←最近のは良くわからないので)一眼レフのキットズームレンズと比較だと月とスッポン。目測のゾーンフォーカス(近距離、中距離、遠距離といった感じでざっくりピント合わせする)なので距離感の習得にも最適?(まあ、Mooは良く忘れてピンボケ写真を量産していましたが、笑)
3つめのペンEESをベースに開発されたらしい。

2. コニカBiGmini
20090629-コニカBiG mini。
1990年発売。レンズは35mm/F3.5。
プロのサブカメラとしても愛されたコニカの名機。
ケーブルが断線しやすいという持病持ちですが、この個体はケーブルには問題なく元気です。
AFもそこそこの反応をするので、明るいところでも暗いところでも安心して使えます。高感度フィルム(ISO800とかISO1600とか)を放り込んで強制非発光にして使うのが好み。ただ、電源切ると自動発光に戻るので基本的に電源は入れっぱなし(デジカメと違って電池の持ちが良いしね)。
オートフォーカス、自動露出制御で、押すだけで撮れるので構図に集中できる。

3. オリンパスPEN EES
20090629-オリンパスPEN EES。
1962年発売。レンズは30mm/F2.8(135判換算で約43mm)。
言わずと知れたオリンパスPENシリーズの1つ。自動露出制御モデルのレンズを半段明るくしたモデル。ピント合わせはざっくり3段階で合わせるゾーンフォーカス。距離感習得の練習に。
ちなみにこれとは別の個体(修理中にレンズを剥離させてしまった……修理待ち)を3歳くらいの頃からおもちゃとして使っていました。写真を撮る真似事をしつつ、よだれまみれにしていましたが(笑)ちなみにそれで写真が撮れる状態のまま残っています。驚異の耐久力(違)

4. リコー リコーフレックスVIIS
20090629-リコーRICOHFLEX type VIIS。
1955年発売。レンズは80mm/F3.5(135判換算で約45mm)。
カメラを家庭のものにした歴史に残る名機。たぶん国内で最も安く手に入る実用二眼レフ。作りもシンプルでとても丈夫。
ピントダイヤルがちょっと固いのでグリスアップを試みます。

5. リコーハイカラー35S(修理中、あと少し)
20090629-リコーHI-COLOR35S。
1970年発売。レンズは35mm/F2.8。
名前しか知らなかったくせに素敵な外見に魅かれて衝動買い。安かったし。
内部のモルトがボロボロだったので張替え修理中。レンズが後のGRレンズっぽいという評判に期待が募ります(未実写)。

6. フォクトレンダー ビトーII
20090705-Voigtlander VITO II。
1949年発売。レンズは名玉の名高いカラースコパー50mm/F3.5。
この間ヤフオクにてポチっとやってしまいました。
蛇腹をもったスプリングカメラ。アクセサリーシューのついていない(よりカッコ良い)初期型です。
ピントは目測、露出もマニュアル。しかし、現在のコシナフォクトレンダーではない、オリジナルのフォクトレンダーというブランドを体感してみたくてついつい。カラーネガならきっと勘で撮れるでしょう。
革ケース、純正フード、純正マニュアル付きという素晴らしいセットを格安で購入。レンズのカビ、曇りは何とか清掃しましょう。
(2009.07.05追記)
到着したので早速試写してみたところ、かすかにフレアが出やすい感じはするもののまったく問題なかったので、そのまま実用品に。露出も測距もマニュアルですが、意外と普通に撮れました。しかも操作感はなかなかの官能感でした。よいよビトーII。
スパーブとかのもっと変態的なギミックカメラへの物欲が……(笑)。

7. オリンパス35SP(修理待ち)
1969年発売。レンズは40mm/F1.7。
オリンパスの高級コンパクトカメラ。コンパクトカメラのくせにレンジファインダーを積み、F1.7の明るい単焦点レンズがついています。なんと贅沢な。
絞りの設定ができなくなっている(常に解放)ため、修理しようと思っているものの時間とやる気が確保できず……。

サイトを移転しようかと。

とはいってもアドレスは
http://artphoto.moomoo-ya.com/
のままで変わらないのですけれど。

ここ数か月ずっとレンタルしているサーバが高負荷状態でレスポンスが遅いので別のサーバに移る予定です。
そのタイミングでWordPressによるコンテンツ管理をPlone(CIAFBIでも使われているコンテンツ管理システム)でのコンテンツ管理に変更しようかと。
ザックリいうとブログっぽいサイトからWikiっぽいサイトに変えたいな、と。
最近は比較的ネット上で探してもなかなか沢山は出てこない(≠有益な)記事を意識的に書いてきたのですが、ブログ形式のWordPressだと過去の記事の検索性がいまひとつ。単純にWikiにしてもいいけど、写真雑記も書いていきたいのでうまいこと融合した感じのサイトを構築する予定です。
ユーザ管理機能があったり(WordPressもありますけど)、ワークフロー機能(記事作成後、レビューを経て公開)もあるので、写真部さくら組や、ファインダー症候群のAHAさんとの共同運営の道もあるかもしれない。
でも、共同運用になると写真雑記は書きにくくなるのかな……うーん、まだ考慮の余地がありそうだ。

20090610-日暮里散歩。
Minolta CLE, Canon 28mm/F2.8, AE(f5.6), 400TX(1+3希釈24度)静止現像

写真サイトのくせに写真がないのは微妙なので。

これから1エントリに1枚写真を付けて行きたいと思います。とはいえ、撮影現像のペースが間に合うかはわかりませんが(笑)
しばらくはモノクロ35mmでの散歩写真で何とか持たせられるかな、と。36枚撮りなら1回散歩すれば1か月分はストックできるだろうし。

ちなみに
本当の静止現像に再挑戦。
で静止現像したネガを力いっぱいスキャニングしてみたら、粒子の粒立ち具合がかなり良い感じでした。攪拌現像よりも静止現像の方が好みかも。
希釈率を高めて攪拌を減らすと粒子の溶解(「微粒子現像」というのは亜硫酸ナトリウムによって粒子を溶かすことで微粒子に見せているらしい)が減って、粒立ちがよくなるそうな(tokyo-photo.netさんからの受け売り)。こういう結果をみると、亜硫酸ナトリウムが入っていないPC-TEA現像とかも気になってきます。

20090609-日暮里散歩。
Minolta CLE, Canon Lens 28mm/F2.8, AE(f4.0), 400TX, Xtol(1+3)静止現像

本当の静止現像に再挑戦。

静止現像に挑戦してみた。
では1:1希釈、途中で1回攪拌した、と根性無しな静止現像だったのですが、今回はより静止現像らしくやってみました。

  1. フィルムはKodak Tri-X(400TX)
  2. Xtol(1:3希釈、24度) 30分くらい
  3. 停止は水
  4. 定着はハイパムフィクサーで適当に攪拌しながら数分

結果は面白くないほどに普通に現像できました。
こんなに適当な現像でいいのかと、不安になるくらい適当に処理しましたが大丈夫でした。びっくり。
時間はかかりますがつきっきりにならずに済むので今度からこれで行きたいと思います。

ちなみに最近Xtol 2Lの入手性が悪いです……。オンラインショップではここにありました。
カメラのナニワ エクストールデベロツパー2L

B&H Photo Videoからカタログが届いた。

春先に個人輸入でいろいろと写真用品を購入したときに使ったB&Hから商品カタログが届きました。
つか、利用者には海外あてでもカタログを発送するのね、すげー。
とりあえず、フィルムのページが眺めるのに良い感じなのですが、誤字脱字が多すぎる(笑)
まぁ、大体正しい商品名などは分かるからいいし、困ったらWEBで確認すればよい(WEBはカタログに比して驚くほど誤字脱字が少ない)のでいいんですけどね。
カタログ送るコスト削減して送料を少しサービスしてくれればいいのに……。

OLYMPUS E-P1が気になって仕方ない。

6月15日に発表されると発表された(紛らわしい……)オリンパスのマイクロフォーサーズ機ですが、リーク情報が結構流れています。機種名も噂ではE-P1だとか(PはPENのP?)。
E-P1の流出画像を見る限りだとけっこう良い感じのデザインになりそうな予感。しかも、L/Mマウントのレンズアダプタが使えて、動画も撮れるようになるとか。そして値段もレンズキットで$1000未満だとか、素晴らしい。
一番不安に感じていた使い勝手についても同じマイクロフォーサーズ機のパナソニックGH-1を店頭でいじってきた限りだと光学ファインダーを廃した分を取り返すかのように、微に入り細に入り、ライブビュー可能機であることをフルに生かした作り込みがされていて結構良い感じかと思いました。
背面液晶も92万画素級なのできれいに見えるし、何よりMF操作と同時に拡大表示されることに感動しました。これなら液晶でもMFできそうです。

作品撮り用に使う気はありませんが、いままで35mmカラーフィルムを使っていた領域は置き換えることができそうな感じ。
Mooは

  • 作品街撮り: 35mmモノクロ(主にRF)
  • 作品静物、ポートレート: 中判/大判 の カラー/モノクロ
  • 記念撮影(動物園とか旅行とか): 35mmカラー(コンパクト/RF/SLR)
  • 散歩スナップ: 35mm の カラー/モノクロ(コンパクト/RF) or コンデジ

といった感じなので、記念撮影、散歩スナップの部分を丸ごと置き換えることが期待できます。しかし、そうなると本格的にα-7の出番が……(6月発表のα500/550が頑張ってくれれば、まだ残す気になるのだけど)。

にしても35mmのポートラを在庫しなくてよいなら、$1000(ボディだけなら$800位?)くらい結構簡単に元が取れそうな気がしてくる(ざっくり計算すると400NCを65本現像したら元が取れる。あれ?余裕じゃん)。デジタルビデオカメラにもなるし。
オリンパスなんだから安価に水中ハウジングも出してくれれば、かなり嬉しい感じになりそうです。


正面の写真
側面の写真
情報源はデジカメInfo – オリンパスE-P1の画像(?)がリーク [内容更新]からです。
正面が意外とサイバーな感じだったのが予想外。んー、黒もあるみたいだからそっちの方がいいかな。正面にX接点とか付いていればPENっぽいのに。

OLYMPUS PEN マイクロ一眼 E-P1 ツインレンズキット シルバー E-P1 TKIT-SLV

M645とα100をトレードしてきます。

というわけで写真仲間のAHAさんが「α100ひきとらないか?」という話を振ってきたので、AHAさんに貸し出しているM645 + レンズ何かのセットと引き換えで交換することに。
645Proを手に入れて以来、M645は死蔵状態だったのと、ヤフオク出品用に適当なデジ一眼が欲しかったのでちょうど良い機会でした。むこうもα700買って以来あまり使わなくなっていたみたいだし。

とはいえ、「アート系写真 x デジカメ = 軟弱者」と言い張って譲らない私ですので、α100は外に持ち出されずWeb用物撮り専用機として籠の鳥となることでしょう。
50mmマクロあたりが付きっぱなしになる感じかな。
問題はα100って、X接点ついてないのよね……。MINOLTA FS-1100 + NIKON AS-15で何とかするしかないか。FS-1100をヤフオクで探さないと……。

昨日は写真の日でしたが。

特に何も写真らしいことはできず、考えることもほとんどできず。

大判用のカメラバッグが欲しいけど、どんなの買おうかな。ドンケF-1とか大きそうだけど35mm前提だから横長すぎかな、とか。
6/15発表予定のオリンパスのマイクロフォーサーズ機が良さそうだったら、L/Mマウントレンズ用のボディとして買おうかな、とか。
最近オクでLマウントのライカレンズが安いから、1本くらいライカのレンズを味わってみようかな、とか(ズマロン35mm、エルマー35mm/50mm/90mm、ズミクロン50mmあたり)。

その程度。写真活動について考える時間を作らねば。
あと、E-6代用現像(カラーポジ現像)の実験の続きも。