相反則不軌計算機作りました!!

というわけで先日作るよ!って言った通りに作りました。

Reciprocity Calcurator – 相反則不軌計算機
http://reciprocalc.appspot.com/

とりあえず、自分で使うフィルムだけ設定しています。

インスタントフィルム

  • FP-100C

リバーサル/ネガフィルム

  • RAP F
  • RVP50
  • RDPIII

ISO100で設定した露出秒数(秒単位、正数)を入力します。
出力結果はインスタントフィルムの値と、ネガ/リバーサルの値が同時に出力されるようになっています。
出力は大抵の携帯で問題なく動くように作っています。動かなかったらコメント欄にいただければ対応可能であれば対応します(期待はしないでください)。

大判(中判も?)を使って夜間撮影している人には非常に便利なツールだと思いますのでぜひご利用ください。

相反則不軌計算ツールを作ります。

夜中に大判撮影していると相反則不軌に悩まされるわけですが、ポラはISO100、フィルムはISO50、しかも相反則不軌特性はバラバラ、なんてときに露光時間混乱するので携帯から使えるWebアプリを作ります。
一応、以下予定している仕様。

  • 大判撮影用
  • 携帯からの仕様を前提
  • ISO100での測光を前提
  • フィルム種別は選択式
  • 本番用フィルムとテスト用ポラでの値を同時出力
  • 露光時間は秒単位(=1秒以上)を対象とする

本気でやるならログイン制とかにして、ユーザごとに時刻と撮影データを撮れれば良いのかもしれないけれどシンプルイズベストで。

青空写真市場に出展します。

青空写真市場

といってもいきなり明日です。

新作は用意できなさそうですが、インクジェットプリントやら、売りましょ買いましょの売れ残りのチバタイププリントやら、を持っていきます。

あと主催者のノゲさんとUst中継もやる予定。
会場で(といっても空き地ですが)電源確保できていれば、現地からUst中継&写真販売について色々しゃべくります。
会場で電源が確保できなければ終了後に日暮里駅前サイゼあたりでUst中継の予定です。