デザインフェスタvol.33にちょろっと出てきました。

というわけでデザフェス1週間前に急遽穴埋めとして出展することになったので(この段階で死亡フラグ)、1品くらいは新作を作らないとなるまい、と思ってネガ漁りから開始。

未発表ネガで気に入っていたカットがあったのでそれをいつものようにオルタナティブプリントに。
最近はずっとサイアノタイプ+紅茶調色で作っていましたが、御苗場2011の制作時に知ったサイアノタイプ with ゼラチン、というのを試してみようと思って色々考えていたら「ゼラチンサイアノって、絵具入れたらチバシステムじゃないか?」と思ったのでゼラチンサイアノチバシステムでプリントすることに。
ある程度解像感のある絵にしたかったので紙はコットマン細目を使用して、ネガは6×6のネガからトリミングして8×10サイズにした薄めのデジタルネガを作成。
チバシステムで使用した絵具はホルベインHWCのバーントアンバー、サップグリーンを1:1で投入。

デザインフェスタ vol.33出展作。
左側の電信柱に二人の女の子の名前(「なっちゃん」「じゅんちゃん」)が書いてあって、後日「あいりちゃん」が間に割り込んで相合傘を書き足したという図。なんというか言いようのない気持ちになった。

しかし頑張って作ってもデザフェスの中だとブース作りが一番重要なので1/3ブースしか使えない状態では注目度はゼロでした。
やっぱり出す時はゆったり出さないとダメですね。

まとめ:余白は極めて重要な作品の一部。

キャプションボードの作り方。

作品出展時に必須といっても過言ではないキャプションボードの作り方を自分用にメモ。

作品として出品する以上、何かしらのタイトルを付けるわけですがその時に作品の横にちまっと張り付けられるキャプションボード。
展示を見に行ったりすると、たまにキャプションボードが紙の切れ端とかに適当に書いて張ってあったりすると萎えます。
逆にここをしっかり作るだけで「作品感」がかなり高まると思っています。作品自体の本質的な価値ではないですが、作者が自分の作品にどれだけ気合を入れているかがこういう作品周辺のもので案外見えるんじゃないかなと思います(このあたりは今まで出展してきて色々失敗しました)。
続きを読む キャプションボードの作り方。

PHOTOGRAPHERS SUMMIT vol.8行ってきました。

震災の影響で延期されていたフォトサミに行ってきました。
これで3回連続かな?
vol.7に行ったとき
vol.6に行ったとき

毎度毎度何かしら得るものがあるのでついつい行ってしまうフォトサミ。
今回はちょっと体調が良くなかったのでどうしようか考えていたのですが、予約しておいたよー。という言葉に行くことに。
続きを読む PHOTOGRAPHERS SUMMIT vol.8行ってきました。

大判機材。

大判機材がメインとなりつつあるのでまとめ。

  • ナガオカ 木製暗箱4×5
  • トヨ ToyoView 4×5 G
  • Nikon Nikkor SW 120mm F8 + COPAL(WISTA) プレスシャッター No.0
  • Fuji Fujinon 135mm F5.6 + COPAL(WISTA) プレスシャッター No.0
  • Fuji Fujinon 150mm F5.6 + SEIKO シャッター No.0
  • Schneider Symmer S 210mm F5.6 + COPAL(WISTA) プレスシャッター No.1
  • トヨ クイックロールスライダー + マミヤ RB用ロールホルダ6×7
  • ウィスタ ピントルーペ
  • 自作スライドプロジェクトランプユニット

WISTAのCOPAL OEMのプレスシャッターが使いやすいのだけど、レリーズで使うとちょっと押し込みが深めのレリーズでないとシャッターが切れてくれない……。