EOS DIGITAL。

– Canon EOS 7D
– Tamron SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF] (B005)
– Tamron SP AF 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (A005)
– Canon 430EX II
– 7D用予備バッテリ
– Transcend TS16GCF600 (600倍速CF16GB) x 2
– RODE VIDEOMIC


2012.06.27
そうこのデジタル全盛の世の中にあってなお「大判……いいよ」「センササイズが云々とか言ってるやつはULFイケ」「フルサイズってなんだよ、135判からして小型じゃねーか」とか時代錯誤なことばかり言っていた私の家にまず絶対来ないだろうと思っていたEOS DIGITALが来ました。

6月頭に大学時代の先輩の結婚祝いの撮影があったのでそこに合わせて2012年5月末に購入。
わかっちゃいましたがよく働いてくれました。ほとんど頭使うことなくバシャバシャと。下手に今までの経験から操作するよりもある程度オートに任せて撮ってた方が打率がいいかも。

ただし事前に調整必須です。室内で近接中心にAFのテストしていたのですが、B005がかなり後ピン傾向。結局7Dのレンズ別AF調整で11目盛りもずらしてちょうど良い感じになりました。
あと、7D自体のAFセンサの位置も若干ファインダーで見えているポイントから下にずれている様子。たぶん個体差の調整範囲内だと思うので近々サービスセンター持ち込まないと。上記の結婚祝いでは間に合わなかったので脳内補正で乗り切りました。
レンズの方もタムロンのサービスセンターで調整依頼しないとな。ネットで調べた限りだとピントが来ていても若干甘めな写りも個別調整かけるとかなりカリッと改善されるらしいので期待。デジタル撮影はシャープな絵を求められることが多いですから……。

2012.7.31
RODE VIDEOMICを安く譲ってもらったので追記。
でも7D本体が貸出中なので試せてない。

2012.8.19
7Dも帰ってきてファームウェアも2.0にしてVIDEOMIC付けて遊んでるけれどやっぱりホワイトノイズが乗る。単体PCMレコーダーを用意して本体は環境音録音に留めるべきなのかな……。

2013.4.27
毎年お手伝いしに行っているオーケストラの定期演奏会撮影用に望遠ズームを調達しました。
70-200/2.8(A009)もいいなぁ、と思ったけれどお値段3倍だし、コンサートホールならそこまで明るさいらないし、ということで予定通りA005を中古購入。
望遠ズームは使用頻度低いからレンタルしようかとも思ったけれど、ちょうど中古で手ごろな値段だったのでえいやっと、買ってしまいました。
これで依頼撮影用の機材システムは完成ということで、デジタルEOSへの投資は打ち止め。

自宅のミニギャラリー化計画が発動するかも。

実家にミニギャラリーを作る。序章。

にて実家の自室をミニギャラリーにするかも知れない的なエントリをポストしたのですが、その後1度帰省したきり自分の部屋には入れていません。よって絶賛計画頓挫中。

と思いきや、都内の自室で計画を引き継ぐ可能性が見えてきました。
現在は都内某所っていうか日暮里に住んでいるのですが、今の部屋を今年中に引っ越します。
新築で入居してかれこれ5年半ほど住んでいますが、職場が遠くになってしまったので次の更新時期に合わせて引っ越そうかと。今の部屋は更新料も高いのですよ。

次に住むのは少し都心から離れて西東京東京都西部の方に行きそうです(突き抜けて神奈川に入るかも)。さらに室内の独自リフォームも出来るように築年10~20年の大規模リフォーム済み物件を狙っています。これだと駅近でも内装(特に水周り)がある程度奇麗でそこそこ広い部屋にありつけそうなのですよ。
最近は築年数経っている物件に対するリフォーム交渉がしやすくなってきているようなのでピクチャーレールと天井照明の増設くらいなら交渉次第でいけるかも。

まあプロジェクトスクリーンとプロジェクタ設置場所の確保の方が優先度は高いんですがね。

(2012.06.27追記)誤解を与える表現を修正。