アルカスイス互換クイックシュー。

2009年に書いた新たな雲台と三脚を求めて……。その4。にある通り、我が家の三脚はSLIK エイブル300脚 + ハスキー3D雲台 + ベルボンマグネシウムクイックシュー(QRAシステム)です。このうちベルボンマグネシウムクイックシューは2004年頃から愛用していてすべての雲台とカメラの取り付けられるくらいは揃えました。

しかし2010年頃からアルカスイス互換クイックシューが流行り始めました。最近機材を買い始めた人や、機材をマメに刷新している方はもうほとんどアルカスイス互換で固めているようです。流行り始めた頃に「アルカスイスの特許が切れたから互換品が増えた」みたいな記述を見た気がしますが、改めて調べてもソースが見つかりませんでした。

それでも愛用しているベルボンはQRAシステムを出し続けていたので愛用していたのですが、去年ベルボンもアルカスイス互換マウントを出し始めました。ちなみにジッツオもマンフロットもスリックもすでにアルカスイス互換マウントを出しています。

ここまで来てしまったら他アクセサリとの互換性なども考えても乗り換えるべきかなぁ、と思うので乗り換えに向けて調査していこうと思います。あちこちで語られていますが、アルカスイス互換は規格化されておらず、勝手互換なのでメーカーによって相性があるそうな。

高級品としてはアメリカのReally Right Stuff, Kirkあたりがあるようですが、手頃なものだとSunwayfoto, Smallrig等の評判が良いようです(Smallrigはクランプ類で使っていますがなかなか良い印象です)。
他にもAliexpressで探すとBEXINというメーカーが随分売れていたりするようです。

互換性などを考えるとQRAシステムは悩まずにすんだのですが、色々見てみようと思います。