Ricoh GR IIIとファーストインプレッション。

写真展への出展に誘われたのですが、今回の展示テーマが土地に根付いたものだったのでここしばらく撮っていなかったスナップ写真をまた撮ってみようと思い立ちました。 スナップの時にはMinolta CLEだとかLeica DIIIを使っていましたが、フィルムを使うのが面倒な環境になってしまった(自家現像すればよいといえばそうなのですが)こともあり、代わりのカメラを探し続けていました。が、今まで手に入れずじまいでした。 使うなら高級コンデジのカテゴリと思っていたのと、以前使っていた初代GR Digitalが手に馴染んだこともあってGR IIIを購入してみました。最初は中古が安くなってる無印GRかGR IIあたりのつもりでしたが、勢いでGR IIIにしてみました。
HDR調
まだ適当に少し撮ってみただけですが、思っていた以上の画質や操作レスポンスの向上と、期待していなかったイメージコントロールが使いやすかったです。逆に期待していた通信まわり(BluetoothとかWifiとか)は反応遅くて少し期待外れでした。バッテリーの持ちとか考えたら仕方ないのかもしれないけど。 上の写真はイメージコントロールの「HDR調」です。晴天下の影と一緒に写し込んでもシャドウがこれだけ明るく補正してくれるのは楽で良いです。 ハイコントラストはお手軽に森山大道氏風になりますし、デジタルで再現するクロスプロセス(調)というのも割と否定的だったのですが、お手軽にオシャレ写真撮るには使いやすいです。いざ作品作りに使うかと言われるとまだ悩ましいですが。