Ricoh GXRが発表されましたよほい。

でましたね、リコーの新型機GXR。

どうもGRXと言いたくなります。Amazonさんも結構GRXで登録してしまっているようです。やっちまったなー。
中判以下はストリートフォト用、という認識なのでストリートフォトに特化したこいつはかなり気になる存在です。

で、デザインとか使い勝手は現物を見てからにするとして、サンプル画像を見た感想。
レンズユニットごとにセンサを変えているというのが特徴ですが、写りにも結構影響している印象。

やっぱり、APS-Cサイズセンサは写りが良い。ボケ味とグラデーション部分のノイズ傾向はかなり好印象。のっぺりでもなく、ざらざらでもない、サラサラな感じ? ただ、我が家のS2410とは相性が悪いようでキラキラサワサワしてしまいます。ムスカパネルの面目躍如ですね(違
サンプル5枚目の女の子の写真の前髪のハイライト部分がちょっと好みではないけれど、まぁ許容範囲内。
1/1.7サイズセンサはちょっと無理している感じかな、センササイズを考えればきれいな画像だと思うけど、これなら別にGXかCXでもよいような気もする。

というわけで、買う組み合わせはGXR + A12 50mm/2.5 Macroを中心に考えることになるのかな、と思いました。
問題は50mmレンズが意外に大きいこと。ピントリングが使いやすそうなのはマクロ域でかなり便利だろうけど、スナップにはちょっと大きいかな。GRDIIIの方が良い感じ。ただ、50mmはマクロを謳っているだけあって、至近距離域の写りを重視しているようです。サンプルを見た感じ2.5m以内くらい?で良好な感じがします。サンプル6がちょっと画質落ちていることから判断。もしかしたらISO400になっていて、シャッタースピードも1/25sec.になっているせいかもしれないけれど、たぶんレンズ特性もあると思う。

って考えると現状のラインナップは近景中心のストリートフォトを撮る人は買い、という感じでしょうか。
個人的には今後のレンズユニットのロードマップ待ちです。

ちなみにAmazonでは登録名が結構間違っていたりで、関連商品を一気に参照できなかったのでリストを作ってみました。良ければ使ってやってください。
AmazonでのRicoh GXR関連商品リスト

そういえば、チバタイプでのカラープリントを作ってアップしていなかったのでアップ。
20091110-配管と葉っぱ(チバタイプ)
デザインフェスタに向けて作ったものの、これ1枚に予想外に10時間ほどかかってしまい、他に新作が用意できなかったという問題の1枚。1枚焼くのにデータ取りながら7回も重ねて焼いたのが原因なので、4回で焼けるように精進すれば5時間程度で焼けるようになると思う。

元ネタはこれ。
20090705-日暮里散歩VITO II。

チバシステムでのプリントに精進した。

とうわけで大分上達したのでプリントを公開してみます。
20091003-日暮里散歩(チバタイプ)
色はホルベイン透明水彩のバーントアンバーとランプブラックを2:1で混ぜています。

いろいろやってみたところ、以前書いたエントリ(「ついにチバタイププリントが出来た。」)の通りだとうまくいかないことがわかりました。

薬品

下地

  1. ゼラチン 0.3g
  2. 精製水 20ml

混ぜて湯煎して溶かすだけ。

感光材

  1. A: ゼラチン 0.2g
  2. A: 精製水 5ml
  3. クエン酸アンモニウム鉄(III)(緑色) 0.2g
  4. 透明水彩絵の具 1g
  5. 精製水 5ml

Aを混ぜて湯煎して溶かして、クエン酸アンモニウム鉄を入れて溶かして、絵の具を溶かして、精製水入れて湯煎する。

漂白液?

  1. オキシドール 50ml
  2. 水道水 450ml

混ぜるだけ。

処理手順

印画紙の作り方

  1. 支持体(コットマン水彩紙(中目)がオススメ、コットマン水彩紙(細目)はより高解像になる。リンク先は値段の桁を間違えている様子、注意)に下地を薄く塗る。湿らせた幅広のスポンジブラシで塗ると楽。
  2. ドライヤーで乾燥
  3. 支持体に感光材を塗る。ここで均一に薄く塗るのがコツだが、筆で塗った方が刷毛目が出て雰囲気が出る。
  4. ドライヤーで乾燥
  5. 出来上がり

デジタルネガの作り方

THE ALCHAMIST’S PLACE – ScanDotCalcインストラクションを参考に作り方を見直しました。
トーンカーブの作成部分を全部飛ばして、Digital Negativesで配布しているEpson 2400(=PX-5500)用のトーンカーブのOHP-Pdというトーンカーブを流用。

焼きつけ

  1. 印画紙にデジタルネガを重ねて密着させる(コンタクトプリンタがあると便利)
  2. ブラックライト光源を印画紙から約10cmほどの距離に設置(こういうライトこういう電球型ブラックライトを使うと楽)
  3. 20分間露光
  4. 露光後、速やかに漂白液に30秒ほど浸す。特に像面を液に浸すようにする
  5. 40度程度のお湯で洗う。画像面に水流を当ててハイライトを抜いていくイメージで
  6. 乾燥
  7. 出来上がり

二重、三重と焼きつけるときは、下地、感光材を再度塗って、焼きつけを行う。
CMY(+K?)の多重焼きをすればカラープリントもできるはず。