GXR買っちゃいました。

R0027177
GXR, MOUNT A12, CanonLens 28mm/2.8

先日の写真部合宿に参加する前日に迷っていたGXRを買ってしまいました。中古だけどね。
1つ目のユニットはもちろんMOUNT A12です。やっぱりこの価格で気に入っているRFレンズが使えるのは素晴らしい。デジカメなのに寄れないとかRFならではの欠点はあるけれど、普段のRFの感覚のままでJPEG撮って出しの絵も好みに調整できる(←重要)ので重宝しそうです。

世の中のGXRを買うような人の大多数はRAWで撮って現像時に色を調整するんでしょうが、私がデジカメに求めてるものは撮って出しがいかに好みの絵になるかどうかが大きいのでJPEG出力の設定調整ができるのは大きいです。
RAWで色調整が必要になるような撮影は7D持ち出すでしょうし。

やっぱり50年代、60年代の国内レンズのコーティングが大好きです。

画像設定さらしてみます。

彩度/コントラスト/シャープネス
6 / 8 / 2
彩度オレンジ/グリーン/スカイブルー/レッド/マゼンタ
6 / 4 / 4 / 6 / 4
色相
デフォルト

あと、APS-Cなので周辺クロップされる分、周辺光量補正を -1 にして強調してます。

2つ目のユニットはA12 28mmにしようか、GRD IVにしようかと迷ってましたけれど、普通のコンデジとして使うためにまさかのS10 24-72mmにしてしまうかもしれません。ただS10はあまり評判良くないみたいなんですよね……現物いじり倒してくるか。

写真部さくら組OB/OG合宿のライトニングトーク大会に参加してきました。

R0027069
GXR, Mount A12, Canon Lens 28mm/2.8

7/13~7/15に伊豆で行われていた筑波大学写真部さくら組のOB/OG合宿(とはいえ半分くらいは現役生も)に参加してきました。
OB/OG合宿は今回初めて実施されましたが、毎年行っている現役生が企画する合宿とはちょっと違った趣になりました。

合宿の大まかな流れは
1日目:
宿泊地へ移動→チェックイン→晩御飯BBQの買出し→BBQ→LT大会→深夜トーク(早朝まで)
2日目:
各自朝食作って食べる→観光→晩御飯の買出し→晩御飯→LT大会→深夜トーク
3日目:
各自朝食作って食べる→片付け→チェックアウト→途中観光しつつ帰宅

って感じでした。

で、ライトニングトーク(LT)大会でしたが大いに盛り上がりましね。IT界隈では割とよく見かけるプレゼン形式であるLTですが、モノは試しと後輩の発案で写真部でやってみました。
レギュレーションは持ち時間5分、ネタは自己紹介+写真に関することなら何でも、という感じです。

出てきたテーマは

  • 写真と禅
  • 美味しそうな写真の撮り方
  • 高校時代からの自分の写真史
  • 今まで参加したイベントについて
  • 自分のフェチズムについて
  • よく見ている雑誌の紹介
  • 現在の写真活動
  • 星景写真の撮り方
  • サークル創設記
  • 写真作品の作り方
  • などなど

という感じでした。ちなみに私は最後の「写真作品の作り方」でテーマ設定について発表しましたのでスライド張っておきますね。

写真クラスタでももっとLT流行ればいいのに、と思いました。準備もスライド作成2時間くらいと隙間時間のイメージトレーニングくらいでできますし。

サイアノタイプ+紅茶調色に精進した。

今回のデザインフェスタ出展のメイン写真はサイアノタイプに紅茶調色を施したプリントでした。
3月の御苗場@CP+でもサイアノ+紅茶調色のプリントだったのですが、漂白浴でのコントロールが難しく、強めに漂白したプリントで、かつムラのある色調になっていました(これはこれで味があって使いでがあるのですが)。
今回はネガの現像具合と漂白浴の薬液濃度を見直して、よりコントロールしやすい手順を整えました。ただし、露光時間が従来の漂白液を前提としていたためか、少々硬調に仕上がってしまうのが残課題です。

というわけでメモ。

  • ネガ現像はPyrocat-MC 24度14分
  • プリント露光時間は40分くらい
  • サイアノ感光液はクエン酸アンモニウム鉄25g+水100mlと赤血塩10g+水100mlを配合
  • 支持体への感光液塗布は露光の直前
  • 4×5での密着プリントなら感光液は1ml程度で十分
  • 現像は水に食酢少々(うちではリンゴ酢を使用)
  • 紅茶は濃いめに出した紅茶に塩を一つまみ(ペットボトル保存で2カ月経過しても使用可能)
  • 漂白浴は炭酸ナトリウム1%溶液(もしかしたら0.2%溶液だったかも)
  • 参考サイト:How to Tone a Cyanotypeリンク切れ
  • 調色前の発色は、デネブは黒に近い濃紺に仕上がり、コットマン細目はやや明るく、黄色がかった色合いとなる

というわけでデザインフェスタ終了後の月と金星。
20100516-月と金星。
GF1, Canon 28mm/2.8, AE

フジフィルムPro160S良い感じです。

昨年秋ごろにtipokartさんに便乗してB&Hで買ってもらったFuji Pro160Sをやっと試しました。
20100215-Pro160Sのテスト。
Minolta CLE, Canon 28mm/2.8, AE, Fujifilm Pro160S(ISO125として撮影), Naniwa Color Kit S(1+1)

我ながらどこを撮ったのか記憶にないという酷い話ですが、結果は悪くない感じだと思います。さすがプロ用を謳うだけはあります。
カラーバランスが青系に転ぶとか、コントラストがきつめになるとか、を心配していましたが、そんなこともなく良い感じでした。
ただ、現像をナニワカラーキットS(2倍希釈)を使った自家現像で処理したため、カラーバランスについては引き続き評価しないといけないと思っています。手巻きフィルムなので店では処理してくれないと思うので何度か試して様子を探っていくしかないかなぁ、と。一応、発色現像液は比較的新鮮なもの(120フィルム一本処理後)を使用しています。

創作欲求が燃え上がりそうです。作品ではなくカメラの話ですが。

先日4×5スライドプロジェクタ兼引き伸ばしバックが出来たわけですが、もっと気楽に4×5を使いたいなぁ、と新たな欲求が。
よくよく考えたら木製暗箱なんて箱にフィルムホルダを入れる場所と、レンズを付ける場所があって、蛇腹でピント調整するだけのシンプルな構成。しかも機能制限すれば極めて単純コンパクトなスナップ機が作れる気がしてきた。

必要な要件を書き出してみる。

  • レンズ、シャッターユニットは既存のものを使う。さすがにここは自作できない
  • フィルムは4×5フィルムホルダのみで良い。120が使いたければおとなしく中判カメラを使います
  • ピント位置は固定で良い。大体3m固定くらいで良いかな、と。調整できればよいけれど目測で十分
  • 使うレンズは90mmか125mm専用で良い。広角好きだし、ピント固定だし、広角で良いかな、と。本当は150mmが使いたい
  • グリップは欲しい
  • ファインダーはいらない。画角がわかってれば目測で十分
  • 露出計……なにそれ食べれる?
  • 重量1kg以内! 重くても1.4kg(Mamiya 645 + 80mm + ウエストレベル)程度。
  • 耐久性は問わない。壊れたら直す

ちょうどよい木の箱を買ってくれば5000円もあれば作れそうな気がしてきた。

20100115-日暮里散歩。その1。
Minolta CLE, Canon 28mm/2.8, AE, Xtol(1:4希釈) 静止現像30分
現像時に定着不足に気付いていなかった……再定着しないと。

サイトを移転しようかと。

とはいってもアドレスは
http://artphoto.moomoo-ya.com/
のままで変わらないのですけれど。

ここ数か月ずっとレンタルしているサーバが高負荷状態でレスポンスが遅いので別のサーバに移る予定です。
そのタイミングでWordPressによるコンテンツ管理をPlone(CIAFBIでも使われているコンテンツ管理システム)でのコンテンツ管理に変更しようかと。
ザックリいうとブログっぽいサイトからWikiっぽいサイトに変えたいな、と。
最近は比較的ネット上で探してもなかなか沢山は出てこない(≠有益な)記事を意識的に書いてきたのですが、ブログ形式のWordPressだと過去の記事の検索性がいまひとつ。単純にWikiにしてもいいけど、写真雑記も書いていきたいのでうまいこと融合した感じのサイトを構築する予定です。
ユーザ管理機能があったり(WordPressもありますけど)、ワークフロー機能(記事作成後、レビューを経て公開)もあるので、写真部さくら組や、ファインダー症候群のAHAさんとの共同運営の道もあるかもしれない。
でも、共同運用になると写真雑記は書きにくくなるのかな……うーん、まだ考慮の余地がありそうだ。

20090610-日暮里散歩。
Minolta CLE, Canon 28mm/F2.8, AE(f5.6), 400TX(1+3希釈24度)静止現像

写真サイトのくせに写真がないのは微妙なので。

これから1エントリに1枚写真を付けて行きたいと思います。とはいえ、撮影現像のペースが間に合うかはわかりませんが(笑)
しばらくはモノクロ35mmでの散歩写真で何とか持たせられるかな、と。36枚撮りなら1回散歩すれば1か月分はストックできるだろうし。

ちなみに
本当の静止現像に再挑戦。
で静止現像したネガを力いっぱいスキャニングしてみたら、粒子の粒立ち具合がかなり良い感じでした。攪拌現像よりも静止現像の方が好みかも。
希釈率を高めて攪拌を減らすと粒子の溶解(「微粒子現像」というのは亜硫酸ナトリウムによって粒子を溶かすことで微粒子に見せているらしい)が減って、粒立ちがよくなるそうな(tokyo-photo.netさんからの受け売り)。こういう結果をみると、亜硫酸ナトリウムが入っていないPC-TEA現像とかも気になってきます。

20090609-日暮里散歩。
Minolta CLE, Canon Lens 28mm/F2.8, AE(f4.0), 400TX, Xtol(1+3)静止現像