大判機材。

大判機材がメインとなりつつあるのでまとめ。

  • ナガオカ 木製暗箱4×5
  • トヨ ToyoView 4×5 G
  • Nikon Nikkor SW 120mm F8 + COPAL(WISTA) プレスシャッター No.0
  • Fuji Fujinon 135mm F5.6 + COPAL(WISTA) プレスシャッター No.0
  • Fuji Fujinon 150mm F5.6 + SEIKO シャッター No.0
  • Schneider Symmer S 210mm F5.6 + COPAL(WISTA) プレスシャッター No.1
  • トヨ クイックロールスライダー + マミヤ RB用ロールホルダ6×7
  • ウィスタ ピントルーペ
  • 自作スライドプロジェクトランプユニット

WISTAのCOPAL OEMのプレスシャッターが使いやすいのだけど、レリーズで使うとちょっと押し込みが深めのレリーズでないとシャッターが切れてくれない……。

希望の星(LegacyPro 100ft缶)は落ちてなかった。

以前、希望の星(LegacyPro 100ft缶)が落ちた……。というポストをしましたが、本日Freestyleを見てみると、入荷していました。

現在は在庫切れのようですが、3/14に再入荷予定のようです。
Freestyleは結構頻繁に品切れ起こすので必要な方は入荷を狙って買っておくとよいと思います。

ちなみにISO100もISO400もありました(3/9現在)。

御苗場2011 in CP+2011終了ー。

搬入2週間前に急遽出展が決まった御苗場2011でしたが、小さなトラブルはあったものの問題なく完了しました。
ご来場いただいた皆様、制作中いろいろとサポートしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
おかげさまで杉江さん、柴山さんのノミネート作品として紹介されるにいたりました(レビュアの情報はこちら)。
前回は泣かず飛ばずだったのですが、今回はかするところまでは行けました。次回はど真ん中で当たることが出来るように精進したいと思います。

今回の反省:

  • 展示と他に配置するブックは重要、超重要(今回ノミネートどまりだった理由は多分これ)
  • 展示の見せ方はもっと考慮が必要(見せ方の方向性がずれている気がする)
  • プリントサイズをもっと大きくしたい
  • 3日目に名刺が切れた

ブックの重要性というのが今回の最大の課題と思っています。作品が一発屋ではなく、継続的な活動をしていて実力が伴っているか、というところをブックで判断されていたようなレビュアコメントでした。
日々精進ですね。

御苗場 in CP+2011に出展します。

出展する予定はなかったのですが、先に出展を決めていた後輩にのせられて出展することになりました。
テーマも何も考えていないのでこれから必死に考えます。

おそらくは数枚組の組写真になると思います。プリントは手焼きモノクロか手焼きカラーか古典印画になるかな、と。

2011.2.5追記:
やばいです。
プリントが1枚も仕上がっていません。
でも一応マットとフレームの手配は完了。

と、思いきや発注数量を間違えていたので追加できるか問い合わせメールをひとまず投げた。

どうしよう……とりあえず制作すすめるか。
今回もサイアノタイプの紅茶調色で行くことにしました。
ただし今まで4×5からの密着焼きでしたが、今回は35mmからの拡大ネガを作って5×7くらいで焼いています。

拡大ネガに使ったフィルムの販売が終了してしまったっぽくて衝撃を受けていたりします。復活しないのかな……。

希望の星(LegacyPro 100ft缶)が落ちた……。

ふと久しぶりにFreestyleを見に行ったらLegacyPro 100ft缶がISO100, 400ともにカタログ落ちしていた。他のサイトなどを見たところ、現在再入荷のめどが立っていない様子。
再生産を働きかけているようですがどうなることか……。試しに、と思ってISO400(Prestoと思われる)を3缶買ってあるけれど、もっと買っておけばよかったか……。

フォトグラファーズサミットに行ってきたよ。

去年に引き続き行ってまいりました、フォトグラファーズサミットvol.7。

回を重ねるごとに賛否いろいろ言われておりますが、ある程度大きなイベントとして確立されつつあるのも確か。そしてその場での出会いも色々、ということで新たにお知り合いが増えました。
完全独学で写真をやってきていると写真仲間が少ないというのが悩みなわけで、写真仲間が増えると嬉しくなります(実際リアルであっているときはそんな素振りはありませんが。クーデレなので)。

今回はTipokartさんと、松永さん(Wikipedia)とお会いして、松永さん繋がりで三輪浩光さんと、渋谷昆さんと、Peaceさんとで近くのカフェで写真談義してきました。

楽しかったけど、あっという間に終電の時間が来てしまい帰宅。三輪さん、Peaceさんは帰りの路線が一緒だったので途中まで一緒に帰ってきました。
Peaceさんは帰りは歩くとか言っていたけれど大丈夫かしら?

ちなみに三輪さんは次回デザインフェスタに出展されるそうです。
後輩2人の11photoとあわせて必須で見に行かないといけないところが増えました。

メール投稿テスト。

更新頻度を上げるためにGoogleデスクトップサイドバーからメール投稿で記事が書けるように整備してみました。

これで投稿頻度を上げていけたらいいなぁ、と思います。

書式テストがてら今後の予定。

  • 個展レポートを作成
    初個展も無事終了いたしましたので、制作メモだとか、個展期間中に思ったことなどをつらつらとまとめておきたいなぁ、と。
  • Webサーバ移転
    そろそろXREAの重さに嫌気がさしてきた。有料サーバなのに……。安くて早いところないかしら。
  • オンラインフォトストレージとの連携
    flickr, picasa,
    ficiaあたりと連携させて、Web上にもっと写真を公開していこうと思います。最近は携帯→Twitterというのをよくやっていますが、携帯→フォトストレージ→Twitter/Webサイト、という経路に拡張出来たらいいなぁ、と思っています。
  • 個展目録販売開始
    出来上がってきましたのでとりあえず紹介ページを作ります。その後、ヤフオクあたりかな?を利用して販売もしていこうと思います。
  • 別サイトのWikiをなんとかする
    ゆるゆると作成している脱中級者的なWikiの扱いを考えます。Dokuwikiの扱いがちょっと面倒なのでGoogle sitesに移すかも。

といった感じです。
うまく投稿できるかな?

【個展情報】鈴木勇写真作品展「心象風景 ~人々の気配~」のご案内。

この記事は開催当日までトップに表示されます。 本個展は無事終了いたしました。

初個展の開催が決定しました。
開催までの準備の様子はこのあたりに書き散らかしていきます。

タイトル(日本語)
鈴木勇 写真作品展「心象風景 ~人々の気配~」
タイトル(英語)
Scenes of my life – in my town life –
場所
Roonee 247 Photography
東京都新宿区四谷4-11 みすずビル1F
会期
2010/07/27(火) ~ 2010/08/01(日)
開館時間
12:00 ~ 19:00(最終日は16:00まで)
展示内容
日常の中の記憶に残らないようななんでもない光景を拾い集めたような……でもちょっと良い感じの写真たち。
といった内容を日光写真(サイアノタイプ、cyanotype)で作った青写真に紅茶で色付けをした絶妙な色合いのプリントで20点ほど展示予定。
その他
展示写真は販売予定です(会期終了後の受け渡し。多分高くても1枚30k以内での販売にします → ギャラリーとの相談の結果1枚2万円にしました)。
展示目録+αで冊子を作ります。25部ほど作る予定。単独販売をするか、プリントのおまけにするかは未定。冊子は制作が遅れて土日に販売予定。プリント購入者先着10名には今回の展示目録としておまけにつけます。


大きな地図で見る

ナニワカラーキットSを用いたカラーネガ現像のメモ。

というわけでメモ。

用意するもの:

  • ナニワカラーキットS(印画紙用)
  • 現像タンク
  • ダークバッグ、栓抜き/フィルムピッカーなどフィルム現像に必要なものを適当に

やりかた:

  1. ナニワカラーキットSの発色現像液(半量の500ml分)を作る
  2. 現像タンクにフィルムを装填する
  3. ナニワカラーキットS発色現像液を水で2倍に薄めて30度に調整する
  4. 薄めた発色現像液で5分30秒間、適当に撹拌
  5. 適当に水洗。タンクに水を入れたり出したりを3~4回程度
  6. 大体30度程度にした漂白定着液で5分ほど。漂白定着の温度はてきとうでも大丈夫。
  7. ここまでくればフタを開けても大丈夫
  8. 適当に水洗。流水で15分ほど放置すれば十分かと。水の出し入れ3~4回でもいいはずだけど、ナニワカラーキットSの漂白定着液の処方(硬膜剤の添加があるかどうか)がわからないので念のため流水長時間水洗
  9. ドライウェルにつける
  10. 乾燥

こんな感じで多分出来るはず。